このプロジェクトについて

ごあいさつ

  • 理工学部長・研究科長 笠原 健一
  • 情報理工学部長・研究科長 仲谷 義雄
  • 生命科学部長・研究科長 小島 一男

立命館大学理工系3学部・研究科は、文部科学省「平成26年度大学の世界展開力事業」において「産学国際協働PBLによる南アジアの異文化・多様性社会の中で活躍できる高度理工系人材の育成」構想を提案し、採択されました。

本構想は、本学とインドの理工系トップクラス2大学(インド工科大学ハイデラバード校、ニッテ大学)と様々な国際的連携で知られるシンビオシス国際大学の学生が交流し、ともに国際的視野を持った高度理工系人材として、世界で活躍することを目指したものです。私たちは、この事業を「RiSE I≡J Project」(*)と名付けました。

みなさんは、インドにどのような印象を持っていますか。インドは広大な国土と人口をもち、文化・言語・気候等あらゆる意味で多様性にあふれた国です。また、近年、劇的な経済成長を遂げており、今後もその速度は更に加速し、インドのGDPは数年以内に日本を越える見込みです。

このように大きな可能性を秘めた国である一方で、ものづくりや各種インフラ整備など、産業化や都市化の基盤となる第二次産業が十分に育っていない状況にあります。

「RiSE I≡J Project」の一番の特徴は、このようなインドが抱える課題に対して、企業の技術者の協力も得ながら、ともに解決策を見いだすことにあります。Problem/ProjectBased Learning(PBL)型の授業・研究を通じて、インドと日本の学生が課題解決に向けて議論を重ね、互いに刺激を受けながら学びあうことは、両国の人材育成にとって非常に重要なことだと考えています。

ぜひ「RiSE I≡J Project」に参加してください。学生時代に種々な考えをもつ人々と交流することは、将来の大きな糧となります。その経験をもとに世界で活躍する技術者になりませんか。

※『RiSE I≡J Project』はRitsumeikan University Science and Engineering India–Japan Project の略称で、「≡」は両国の繋がりの強化を3本線で表しています。RiSEには「昇る」「飛び立つ」といった意味があり、両国の学生に羽ばたいて行って欲しいという意味を込めています。

プロジェクトの概要

本プロジェクトでは、日印の学生が事前学習や現場見学、企業でのインターンシップ等に参加する中で課題を見いだし、その課題に対する解決策を提示するために共同的かつ実践的に学ぶPBL(Project/Problem-Based Learning)を実施します。学生相互の刺激や啓発、企業技術者等の参加を通じて、日印の企業や政府の戦略を立案できるようなリーダー・マインドを持った高度理工系人材を育成することを目標としています。

産学国際協働PBL(Project/Problem-Based Learning)

プロジェクトの目標

日本とインドの政府・産業界を繋ぎ、日本とインドの発展に寄与する高度理工系人材の育成

日本人学生

  1. リーダーシップをとって現地の課題に解決策を提示できる高度理工系技術者
  2. インドの多様な社会を理解し、英語でコミュニケーションがとれる人材
  3. 発展途上国の生活環境で仕事が行えるタフな人材

インドを中心とした南アジアの学生

  1. インドの政府や会社をリードして現地の課題に解決策を提示できる高度理工系技術者
  2. 日本の社会を理解し、インド政府や日本企業・その他関連企業で働くことができる人材

どんなプログラムがあるの?

  対象 派遣期間 派遣先 概要
RU-IITH産学国際協働
PBLプログラム
学部
大学院
10日程度 IITH 事前学習や現場見学等を通じて、IITHの学生とともに現地の課題を見いだし、その課題に対する解決策を提案するPBLを実施します。インドの学生の短期受入プログラム(10日間程度)と連携して、6ヶ月程度かけて実施します。
シンビオシス国際大学
派遣プログラム
学部
大学院(情報理工のみ)
5週間程度 SIU SIUにおいて、ITに関わる専門科目やビジネス英語を学ぶとともに、SIUの学生と課題に対する解決策を提案するミニプロジェクト(PBL)を実施します。企業訪問やホームステイもあります。
インド研究
派遣プログラム
大学院 1ヶ月~数ヶ月 IITH
SIU
NU
GRGP(Global-Ready Graduate Program)とも連携し、インドの大学で研究を中心としたインターンでPBLを実施します。
ニッテ大学
派遣プログラム
学部 10日程度 NU インドの科学技術や文化等の理解を深めながら、インドが抱えている様々な課題について調査を行い、課題に対して理工系の知識を活かしながら、様々な視点で解決策を探るPBLを実施します。
インド留学
プログラム
大学院 半年~1年 IITH
SIU
NU
インドの大学で専門科目を受講し単位を取得するとともに、研究を中心としたPBLを実施します。(今後プログラム開発を進めていきます)

プログラムで何をするの?

このプロジェクトでは、全てのプログラムで何らかのPBLを実施します。PBLとは、Project-Based LearningもしくはProblem-Based Learning の頭文字をとったもので、プロジェクト提案型・問題解決型の学習です。プログラムでは、皆さんが自ら具体的なプロジェクトあるいは解決が必要な問題の設定を行って、そのプロジェクトの提案や問題を解決するための提案を作成する過程を通じて、それに必要な学習を行っていきます。異なる分野の人が異なった視点で1つの課題に取り組む面白さを体感したり、皆さんが日々勉強している専門分野の意義を再確認したりするよい機会になるでしょう。

プログラムで何をするの?

プログラムでどこに行くの?

派遣先は、インド工科大学ハイデラバード校(IITH)、シンビオシス国際大学(SIU)、ニッテ大学(NU)です。いずれもインドの中南部にキャンパスのある大学です。

プログラムでどこに行くの?

プログラムにはどんな特徴があるの?

  • ###
  • ###
  • ###
  • ###