ホーム > 研究費適正執行 > 研究費執行ガイドブック

【研究費執行ガイドブック】

※For English version of Guidelines and Forms, please click here.

研究費執行ガイドブック ダウンロード

  • >>研究費執行ガイドブック 2017年度版

    ※研究費執行ガイドブック2017年度版・補遺版(「第6章 出張旅費に関する手続き 6-2.旅費の支給」P35に関する内容)。こちらをご確認ください。

    ※「第6章 出張旅費に関する手続き 6-2.旅費の支給」P39に一部訂正がありますこちらをご確認ください。
    ※PDFのデータ容量が大きいため、ファイルが開かない場合は一旦右クリックにてデスクトップ等に保存後、ファイルを開いてください。

研究費執行ガイドブック 様式集

※時間雇用職員(学生アルバイト、非常勤職員)あるいは非常勤研究職員(補助研究員、リサーチアシスタント)を雇用する際には、勤務管理をおこなう各リサーチオフィスより被雇用者に対して、
研究費の適正執行および労務に関する重要なお知らせのチラシを配付しております。

項目 研究部 (様式番号) 様式名称
業者依頼 1-1 発注・契約依頼書
※業者依頼の際、金額が1件/1組が10万円以上の場合に必要です。納期に余裕を持って提出してください。
1-2 執行理由書・説明書
※執行の必要性や当該予算との関連について説明を必要とする場合、提出してください(事務局より提出をお願いする場合もあります)
1-3 切手・はがき使用報告書
※切手、官製はがきを購入した時に使用します。
1-4 立替払請求書
※当該予算の執行責任を有する研究者(例、研究代表者や分担者)以外の方(学生、学外者等)が立替えた場合に、領収書とともに提出してください。
1-5 納品検収に関する理由書
※事務局の検収を受けることのできなかった理由(出張先での購入等)について、証憑と一緒に提出してください。
1-6 選定理由書
※特定の企業等でなければ仕様を満たす物品等を納入できない場合に、その理由を記載のうえ、根拠資料とあわせて、発注・契約依頼書に添付し提出します。
1-7 科研費複数課題による共用設備購入申請書
出張旅費 給与厚生課
様式
出張命令決裁書[教員用]
※出張前に必要。本学を本務校とする方。
2-1 出張命令決裁書[専門研究員・研究員用]
※出張前に必要。専門研究員・研究員等の研究職員。
2-2 立命館大学旅費計算書[兼務教員(非常勤講師・授業担当講師・客員教授等)/ 非常勤職員用] 
※出張前に必要。非常勤講師、授業担当講師、客員教授等。
2-3 立命館大学旅費計算書 [学外者・学生用]
※出張前に必要。本学と雇用関係にない方(学部生・院生も含む)、日本学術振興会特別研究員等。
2-4-1 国内/国外出張報告(精算)書〔用務欄7日分〕
※出張後に必要。出張証明を添付して帰着後1週間以内に提出してください。
2-4-2 国内/国外出張報告(精算)書〔その2〕
※2-4-1の記入欄が不足する場合(7日間を超える出張の場合)使用します。
2-5 面会・宿泊証明書
※出張先に赴いたことを証明し、後に確認できる資料として使用します。
参考様式 学校法人立命館海外旅行保険加入依頼書
※執行可能な研究費から海外旅行保険料を支払う場合に使用します。
参考様式 被保険者同意確認書
※上記海外旅行保険加入依頼書とセットで使用します。
給与厚生課
様式
・半券を添付できない理由書
・領収書を添付できない理由書
※航空機を使用し、航空券の半券や搭乗券・搭乗証明書を提出できない場合、領収書を提出できない場合にこれら様式を使用します。
アルバイト雇用 財務経理課
様式
学校法人立命館 取引先マスター銀行振込依頼書
3-1-1d 労働条件通知書(学生アルバイト)
※本大学の学籍を有する学部生・院生が使用します。
3-1-2d 労働条件通知書(非常勤職員)
※社会人、本大学以外の学部生・院生が使用します。
3-1-3 研究事務補助・研究補助(非常勤職員)雇用申請書
※非常勤職員のうち、研究事務補助または研究補助を雇用する場合は、労働条件通知書ではなく、本様式を提出してください。
3-2 アルバイト出勤表
※アルバイトの勤務(日)ごとに、実働時間を確認して、押印またはサインをお願いします。被雇用者(アルバイト本人)が翌月1日までに提出してください。
3-3 アルバイト通勤交通費請求書
※勤務地が本大学キャンパスであるかないかを問わずアルバイト業務に要する通勤交通費は、本様式にて請求してください。
3-4 個人研究資料費アルバイト給与領収書
※個人研究資料費による場合は、年度当初仮払い済みの個人研究資料費から支払い、領収書を提出してください。
3-5 非常勤研究職員出勤表
※補助研究員・リサーチアシスタントも勤務(日)ごとに、実働時間を確認して、押印またはサインをお願いします。被雇用者(アルバイト本人)が翌月1日までに、各リサーチオフィスに提出するようにしてください。
研究者招聘 ・報酬 ・謝金 4-1 個人宛業務依頼書
※個人に業務を依頼し、雇用に該当しない場合に使用します。
4-2 業務完了報告書 兼 請求書
※個人に依頼した業務が完了したら、速やかに提出してしてください。
4-3 報酬・謝金支払請求書(招聘、専門的知識の提供等)
※イベント当日現金でお渡しする場合や基準を超える単価を支払う場合は早め(実施3週間前)に、各リサーチオフィスに連絡をしてください。
4-4 謝金支払請求書(負担軽減費、その他の謝礼)
※実験被験者、アンケート回答などへの謝礼の際に使用します。
4-5 授受簿
※4-4による謝礼を金券や記念品等で複数人にお渡しする場合に使用します。
4-6 領収書
※招聘者等への謝金支払いに際して、やむをえず研究者が現金を支払う際に必要です。但し、謝金支払いは、本大学から招聘者等への銀行口座に直接送金する方法が原則ですので、本様式を用いるのは例外的な方法です。
会議費 5-1 会議渉外費内容明細書
※見積書(開催後の場合は、請求書および納品書(あるいは領収書))、研究活動に必要な会議等であることを客観的に示すことができる資料の提出も必要になります。
5-2 酒類および酒類を含む飲食物の提供にともなう会議渉外費執行申請書
※見積書を添えて実施2週間前までに各リサーチオフィスに相談してください。なお、開催後は、請求書および納品書、研究活動に必要な会議等であることを客観的に示すことができる資料の提出も必要です。
その他 6-1 研究環境整備費使用申請書
※研究活動に関連して、自身の研究環境整備のため必要となる経費で、直接経費では執行できないものについて執行する際に使用します。
6-2 支払明細表(BKCのみ)
※納品書・請求書等、証憑類とともに提出してください。
6-3 学外研究制度期間中の研究費執行に関する遵守書
※学外研究中に研究費の執行を行う際、事務方の検収を一時的に行えない場合は提出してください。(帰着後、減失していないものは検収場所に持参いただき、検収を受けるようにしてください。)

研究費の執行にかかわるQ&A集

  • Q&A2017年度版