沿革

2015年(平成27)年4月1日OIC総合研究機構発足
衣笠総合研究機構より1研究所(地域情報研究所※1)、BKC社系研究機構より3研究センター(イノベーション・マネジメント研究センター、医療経営研究センター、デザイン科学研究センター)、総合科学技術研究機構より1研究センター(グローバルMOT研究センター)が移設され、1研究所4研究センター体制でスタートする。
2015年(平成27)年6月1日稲盛経営哲学研究センター新規設置
上記研究センター新規設置により、1研究所5研究センター体制となる。
2016年(平成28)年4月1日サステイナビリティ学研究センター新規設置※2
上記研究センター新規設置により、1研究所6研究センター体制となる。
2017年(平成29)年4月1日認知科学研究センター設置※3
上記研究センター新規設置により、1研究所研究センター体制となる。

※1 OIC移設と同時に地域情報研究センターより改称。
※2 衣笠総合研究機構所属の立命館サステイナビリティ学研究センターを発展的解消のうえ新規設置。
※3 衣笠総合研究機構所属の認知科学研究センターが、研究活動拠点を大阪いばらきキャンパスへ移すため、所属機構をOIC総合研究機構へ移管。


文字サイズ