News,Event情報
2019.02.15

3/20 2018年度地域情報研究所報告会を開催

2018年度地域情報研究所報告会「現代の地域と社会科学の役割-現代地域科学の確立へ向けて-」を開催します。2018年度研究所の活動報告と、2019年度以降の研究所運営の方向性を協議する場であり、茨木市役所による政策報告も行ないます。

【テーマ】「現代の地域と社会科学の役割-現代地域科学の確立へ向けて-」
【日 時】2019年3月20日(水)13:30~17:15
※17:30よりキャンピングキッチンにて懇親会開催予定
【会 場】立命館大学大阪いばらきキャンパス(OIC) B棟2階B275、B276
【参加費・懇親会費】無料
※参加対象者は立命館大学教職員・院生学生、茨木市役所関係者のみに限定しています。
【申込み】3月4日(月)までに氏名、所属、懇親会参加有無をメールまたは電話でお知らせください。


★研究ポスターの募集
当日15:10~16:00にポスターセッションを行ないます。
研究ポスターを募集していますので、奮ってのご応募をお待ちしています。

応募希望の方は「研究ポスター募集のお知らせとポスター作成ガイドライン」をご参照の上、3月4日(月)までにご提出ください。

研究ポスター募集のお知らせとポスター作成ガイドライン(日本語)
Call for Poster Submission and Instruction for Authors(English)
研究ポスター登録用紙(日本語)/Registration form for poster presentation(English)
Word_ポスターテンプレート/Poster template
Power Point_ポスターテンプレート/Poster template

★全ての問合せ・参加登録・提出先
OICリサーチオフィス 大浦
電話:072-665-2570   メール:rdiri@st.ritsumei.ac.jp
現代の地域と社会科学の役割―現代地域科学の確率へ向けて―1 現代の地域と社会科学の役割―現代地域科学の確率へ向けて―2
詳細はこちら >>
2019.01.31

2018年度プログレスレポート開催報告

当研究所ではプロジェクト内容へ理解を深め、より一層研究活動を充実・推進させることを目的として「地情研の、地情研による、地情研のためのプログレスレポート」を開催しています。2018年度は4回実施しました。次回の開催は2019年春を予定。皆さんのご参加をお待ちしています。
発表者所属タイトル
第1回
7月17日
森 裕之 所長政策科学部 教授「現代都市論の課題」
Mariia SHAGINAJSPS Postdoctoral Fellow/地域情報研究所プロジェクト研究員「Beyond Borders: International Research Experience」
第2回
10月9日
南 慎二郎OIC 総合研究機構プロジェクト研究員「ストック災害と地域経済社会」
第3回
11月6日
江成 穣政策科学研究科
博士後期課程1 回生
「都道府県経済の財政依存構造―47 都道府県産業連関表の分析を基にして―」
周 瑋生政策科学部 教授「東アジア地域のサステナビリティに関する研究」
第4回
1月15日
園田 彩衣地域情報研究所補助研究員「官民の取組からみる地域ブランドの確立に関する研究 ー茨木市・大垣市・西宮市を事例にー」
稲葉 光行政策科学部 教授
「子どもを中心としたまちづくりと地域活性化のための実践共同体」


[123-12_research-rdiri]news2019-01-31-01 [123-12_research-rdiri]news2019-01-31-02 [123-12_research-rdiri]news2019-01-31-03 [123-12_research-rdiri]news2019-01-31-04 [123-12_research-rdiri]news2019-01-31-05 [123-12_research-rdiri]news2019-01-31-06 [123-12_research-rdiri]news2019-01-31-07
詳細はこちら >>
2018.12.18

インドネシア国家開発企画庁(BAPPENAS)職員への研修実施

昨年度に引き続き、2018年11月12日(月)から23日(金)にかけ、インドネシア国家開発企画庁(BAPPENAS)の機関としての能力向上を目的とし「デジタル技術の発展に対応する国家開発企画機関の能力強化」をテーマに研修を実施しました。
[123-12_research-rdiri]news2018-12-18-01 [123-12_research-rdiri]news2018-12-18-02 [123-12_research-rdiri]news2018-12-18-03 [123-12_research-rdiri]news2018-12-18-04 [123-12_research-rdiri]news2018-12-18-05 [123-12_research-rdiri]news2018-12-18-06 [123-12_research-rdiri]news2018-12-18-07 [123-12_research-rdiri]news2018-12-18-08 [123-12_research-rdiri]news2018-12-18-09 [123-12_research-rdiri]news2018-12-18-10 [123-12_research-rdiri]news2018-12-18-11 [123-12_research-rdiri]news2018-12-18-12 [123-12_research-rdiri]news2018-12-18-13 [123-12_research-rdiri]news2018-12-18-15 [123-12_research-rdiri]news2018-12-18-16 [123-12_research-rdiri]news2018-12-18-17 [123-12_research-rdiri]news2018-12-18-18 [123-12_research-rdiri]news2018-12-18-19 [123-12_research-rdiri]news2018-12-18-20 [123-12_research-rdiri]news2018-12-18-21 [123-12_research-rdiri]news2018-12-18-22 [123-12_research-rdiri]news2018-12-18-23 [123-12_research-rdiri]news2018-12-18-24 [123-12_research-rdiri]news2018-12-18-25


詳細はこちらをご覧ください

昨年度は2017年7月17日(月)から7月28日(金)に政策立案をテーマに研修を実施しました。研究所所属の教員による講義はもちろんのこと、大阪観光局、経済産業研究所、財務省へのフィールドビジットに加え「政策シンクタンクの意義と展望」と題したシンポジウム実施するなど盛りだくさんの研修となりました。
詳細はこちら >>
2018.10.31

インドネシア住宅公共事業省職員への研修実施

インドネシア・ガジャマダ大学工学部からの委託で10月15日(月)から10月19日(金)に、インドネシア・住宅公共事業省職員を対象に「都市土地管理」に関する短期研修を行いました。(前半1週間はガジャマダ大学にて、後半1週間は本学にて実施)
研究所所属教員や外部講師による講演の他、うめきた再開発、釜ヶ崎、大阪市都市整備局、茨木市役所、京都市景観まちづくりセンター、釜座京町家の視察などを行いました。
[123-12_research-rdiri]news2018-10-31-01 [123-12_research-rdiri]news2018-10-31-02 [123-12_research-rdiri]news2018-10-31-03 [123-12_research-rdiri]news2018-10-31-04 [123-12_research-rdiri]news2018-10-31-05 [123-12_research-rdiri]news2018-10-31-06 [123-12_research-rdiri]news2018-10-31-07 [123-12_research-rdiri]news2018-10-31-08 [123-12_research-rdiri]news2018-10-31-09 [123-12_research-rdiri]news2018-10-31-10
詳細はこちら >>
2018.09.01

「次なる茨木へ。」研究会を実施しました

2017年7月から茨木市役所と発足した「次なる茨木へ。」研究会。2018年度は外部からも講師をお呼びして開催しました。
[123-12_research-rdiri]news2018-09-01-01 [123-12_research-rdiri]news2018-09-01-02 [123-12_research-rdiri]news2018-09-01-03 [123-12_research-rdiri]news2018-09-01-04 [123-12_research-rdiri]news2018-09-01-05
次なる茨木へ。研究会
詳細はこちら >>
ニュース一覧へ >>