Event & News

  • rikejo
  • 2015.08.27

オープンキャンパス 理系女子会「しゃべくり+R」

2015年度オープンキャンパスにおいて、本学びわこ・くさつキャンパスで「理系女子『しゃべくり+R』」を開催しました。
当日は、トークセッション形式で行われ、理工学研究科1回生、情報理工学部4回生、生命科学部2回生、薬学部6回生、スポーツ健康科学部4回生、以上5名が先輩学生として、受験生に向けて、自身の経験や思いを語ってくれました。



「理系に進もうと決めたきっかけ」や「楽しい・興味のある授業」など、話は盛り上がり、それぞれの学生生活が垣間見える
トークセッションとなりました。
参加してくれた受験生には、先輩学生からの理系の楽しさを伝えたいという思いが伝わったと思います。
トークセッションのあとは、個別相談「理系女子相談会」を実施しました。



8月2日と3日の両日で、「理系女子『しゃべくり+R』」に約50名、「理系女子相談会」に約30名の未来のリケジョが参加してくれました。
憧れの大学生活を目指して、頑張ってください。
理系5学部は、今後も理系女子を応援します!
  • rikejo
  • 2014.12.19

RIKEJO FES(リケジョフェス)

 20141214日、ウィンクあいち(愛知県産業労働センター)にて、立命館大学と東京理科大学による、「科学に恋する女子中高生の学園祭 RIKEJO FES」を開催しました。本企画は、理系に興味のある女子中高生が、憧れの未来に出会えるイベントとして実施したものです。当日は、理系分野で働いたり、学んだりしている先輩リケジョとの出会いの場や、理系研究の面白さに触れてもらう場を以下のように様々な切り口で設けました。

 

①秋山仁氏×山崎直子氏 特別トークセッション

 「数学×宇宙? リケジョが世界を変えていく!」と題して、数学者の秋山仁氏(東京理科大学教授)と、宇宙飛行士の山崎直子氏(立命館大学客員教授)のトークセッションを行いました。「お二人の仕事紹介(宇宙飛行士ってどんな仕事?数学者ってどんな人?)」「お二人にとっての科学の魅力とは?」「お二人の夢の出発点は?」「お二人が10代リケジョに託したい夢は?」などのテーマでトークを繰り広げました。山崎氏からは2週間程の宇宙ステーション滞在のために11年間の厳しい訓練と勉強に取り組んだことについて「好きだ」と思う気持ちがエネルギーになったこと、子供の頃から習っていた書道を通じて日本の文化を理解したことが宇宙飛行士になるうえで役立ったことなど幅広いお話が展開されました。秋山氏は、壇上で、紙で作成した正4面体の適当な所に切り込みを入れて、4頂点をすべて通るように切り進んで1つの平面に展開し、これと全く同じものを数個作成して、適当に組み合わせると、ジグソーパズルのように隙間なく敷き詰めることができることを実演しながら、数学者は森羅万象を美しい式で表す詩人であると述べられました。また、やりたいことやなりたいものに向けて努力することが大切で、才能は努力の後についてくるとのお話がありました。

お二人の多彩な話にあっという間の90分が過ぎ、万雷の拍手の中でトークセッションが終了しました。

 

秋山仁氏と山崎直子氏による特別トークセッションの様子

会場はほぼ満員となりました。


②シゴト紹介コーナー

 アサヒ飲料株式会社様・和光堂株式会社様、オムロン株式会社様、株式会社資生堂様、パナソニック株式会社様にブース出展していただいた、企業で働く先輩リケジョによる「シゴト紹介コーナー」は、とりわけ人気が高く、多くの中高生・保護者が訪れていました。

各ブースでは、先輩リケジョが、大学時代の学習や研究、そこで培った能力を現在の企業での商品開発にどのように生かしているのか、仕事の面白さなどについて、実際の製品やデモ機、動画などを駆使して紹介。理系のシゴトの醍醐味を多くの参加者に体感してもらいました。

 

シゴト紹介コーナーの様子

シゴトだけではなく、学生時代の話もあり、参加者は熱心に耳を傾けていました。


③先輩リケジョトークセッション

両大学の様々な学部や回生の先輩リケジョ4人がステージに登壇。中学生・高校生の頃の私、現在の学習・研究内容、勉強以外の学生生活、将来の夢などについて楽しく語ってくれました。身近な年齢の先輩リケジョの学生生活に、数年先の自分を重ねた参加者も多かったことでしょう。

 

先輩リケジョトークセッションの様子

現在の学生生活だけではなく、将来の夢も語って頂きました。


④先輩リケジョ交流コーナー

両大学の先輩リケジョ16人と、直接、話が聞ける「先輩リケジョ交流コーナー」は、中高生だけでなく保護者の皆さんにも好評でした。お菓子をつまみながら、終日、先輩を囲んで、様々なおしゃべりに花が咲いていました。

 

先輩リケジョ交流コーナーの様子

先輩リケジョと参加者が気軽に楽しく話をしている様子が随所に見られました。


 その他、両大学職員による大学紹介ブースや、学生生活を写真で紹介するフォトギャラリーなど、両大学の紹介コーナーも設けられました。

当日は、寒波襲来の中でしたが、300名近いリケジョの卵と保護者の皆さんにご参加いただき、熱気溢れるFESとなりました。参加した皆さんの好奇心と夢を育てる出会いが、きっとたくさんあったのではないでしょうか。皆さんが、近い将来理系に進み、人類の未来の扉を拓く、その一歩となる体験をしていただけたとしたらとても嬉しく思います。
  • rikejo
  • 2014.08.29

理系女子的 学び方、働き方、暮らし方

8月24()、キャンパスプラザ京都において、第2回「理系女子(リケジョ)的学び方、働き方、暮らし方」講演会・シンポジウムが開催されました。

 

 基調講演を行ったのは、一般社団法人Mozilla Japan代表理事の瀧田佐登子氏。大学で酵母の研究をしていた瀧田氏が、全く畑違いのシステムエンジニアとして旧.日電東芝情報システムに就職して以来、3回の転職を経て、Firefox をはじめとする Mozilla 製品のマーケティングやオープンソースの普及啓蒙を目的とした非営利法人 Mozilla Japan 2004 年に設立、2006年に代表理事になるまでのエピソードと、ブラウザの歴史をダイナミックに語っていただきました。その経験から、①あきらめない、②問題解決は一通りではない、③失敗は本当は失敗ではない、③希少価値こそチャンス、④Tryなければ結果なしという瀧田流の考え方を披露。世の中は3人集まれば変えられる、だからあきらめないで挑戦しよう!とメッセージが伝えられました。

 

続いてのパネルディスカッションでは、本学OGの小林製薬株式会社日用品事業部中嶋絵里奈氏、エヌ・ティティ・コミュニケーションズ株式会社クラウドサービス部山根靖子氏がパネリストとして登壇。コーディネーターとして、本学スポーツ健康科学部伊坂忠夫教授が、女子中学・高校生・大学生、父母をはじめとする参加者を巧みに巻き込みながら、先輩理系女子の学生時代の学びや意識、現在の仕事の魅力に迫りました。中嶋さんからは大学での人生を変える素晴らしい教員との出会いについて、山根さんからは、中学・高校から取り組んできた吹奏楽の課外活動と研究との両立や海外留学について、熱く語られました。ディスカッションでは、テクノロジーが新たな未来を拓くこと、そしてその過程でユーザー自身がイノベーションを作り出すことやネットワークの世界でもリアルに触れる場面の重要性などがそれぞれの体験を交えて語られました。

 

 参加者からは、「元気をもらった」、「男子にも聞かせたい」等の声が多数寄せられ、人類の未来に貢献する理系の仕事の醍醐味や、そこで活躍する女性の魅力が実感を持って伝わったようです。この日のシンポジウムが、参加者と社会のよりよい未来の実現に貢献できることを願っています。

 



  • sv
  • 2014.08.08

バイオインフォマティクス-これからの生命科学

第1回Ritsumeikan Science Visitは、「バイオインフォマティクス-これからの生命科学」をテーマに開催しました。


 講師の菊地教授より、ヒトゲノムが完全に解読されましたが、それで全てが解明されたわけでなく、むしろ今後は全塩基配列情報から生命の営みに関する情報を抽出し、理解することが重要になってくるというお話がありました。 
 まさにそこで必要になってくるのが、バイオインフォマティクス(生命情報学)です。実際に、Discovery Studioという専門のソフトを用いて作成された立体構造を使い、どのような現象が起こっているかを具体的に説明され、現象の意味だけでなく、バイオインフォマティクスから広がる無限の可能性についても詳しく解説されました。
 講義後は、菊地教授の計算生命化学研究室を見学し、参加した生徒さんたちに実際の研究室の雰囲気を体感してもらいました。また、研究室所属の大学院生より、研究概要と研究の魅力についても説明があり、その後は参加者の関心に応じて、研究のこと、大学生活についての質疑応答が行われました。
 参加した生徒さんたちは、生命科学部の研究室ということで白衣を着た実験室を想像していたようですが、現在の医薬品開発にはパソコンが多用されていること、またパソコンが並んだ研究室を見て、驚いていました。
 皆さんもRitsumeikan Science Visitに参加して、新しい学問の世界に触れてみませんか。

  • sv
  • 2014.08.08

脳と健康科学-fMRIを用いて、ヒトの脳を視る-


第3回Ritsumeikan Science Visitは、「脳と健康科学:fMRIを用いて、ヒトの脳を視る」をテーマに開催しました。
講義の冒頭で、講師の祐伯准教授から、「脳科学リテラシークイズ」が出題されました。
「次の5つについて、正しいか正しくないかを答えてください」というものです。

1人間は、脳の10%しか使っていない

2.人間は分析重視の左脳型、感覚重視の右脳型に分類される。

3.Mozartを聞くと、頭が良くなる。

4.脳細胞は生後増えることは無い。

5.脳トレをすると、記憶力が良くなる。

講義は、①脳の基本構造、②脳を視る:MRIとその原理、③脳科学から見たスポーツ

健康科学:fMRIと展開し、特にスポーツや運動時に脳がどのように行動を予測しているのかや、有酸素運動により加齢に伴う認知機能が改善されることなどについて詳しく解説されました。

講義に引き続き、スポーツ健康科学部研究棟であるインテグレーションコアに設置されているMRI室に移動、実際にfMRIを使って、モデルになってくれたスポーツ健康科学部4回生の脳を解析する様子を、祐伯准教授の解説付きで体験しました。

最後に、講義室に帰って、本日のまとめがありました。その場で、冒頭のクイズの答えが、全問「正しくない」が正解であることが発表されると、会場にはどよめきが広がりました。

MRIにより、これまでわからなかった脳の様々な働きが解明されつつあります。皆さんも最先端の研究設備が充実したキャンパスで行われる講義をぜひ体験しにきてください。

(写真は別の日にMRI室で撮影した実験風景です)


  • sv
  • 2014.08.07

医療薬学実習体験-ロボットを使ったフィジカルアセスメント

第4回Ritsumeikan Science Visitは、「医療薬学実習体験:ロボットを使ったフィジカルアセスメント※」をテーマに開催しました。

 はじめに講師の服部教授から、薬学部6年間の勉強内容や本学薬学部の特色等の説明があり、その後に、聴診器や血圧計などを使った実習がありました。また、ロボットを使用して、瞳孔反射や脈拍測定(頸動脈/橈骨動脈)、呼吸音聴診、心音聴診などを病態別にシミュレートし、正常時と異常時の違いについて体験型学習を行いました。
 社会が高齢化する中で、薬剤師の役割も大きく変化しています。具体的には、薬局内だけの活動にとどまらず、チーム医療、地域医療の担い手となることが求められる様になりました。薬局薬剤師であれば、地域医療の担い手として在宅医療へ加わり、血圧や脈拍、呼吸、体温などのバイタルサインを中心に患者さんの身体状態を把握し、薬の効果が十分であるか、相互作用・副作用が出ていないかどうかを確認・評価します。
 薬局が「かかりつけ薬局」として機能し、セルフメディケーションや在宅医療などの地域医療に貢献するためには、薬剤師による「フィジカルアセスメント」が大変重要になります。
 立命館大学では、10名超の現役薬剤師と、4名の医師免許を有する教員より、新たな薬剤師の職能として期待される「フィジカルアセスメント」についてもきめ細かく学ぶことができます。

※フィジカルアセスメント:様々な身体の所見から総合的に状態を判断すること

  • rikejo
  • 2014.08.07

オープンキャンパス 理系女子会「しゃべくり+R」

オープンキャンパスの初の取り組みとして、本学びわこ・くさつキャンパス、セントラル
アーク2階にて「理系女子会『しゃべくり+R』」を開催しました。
 大学院理工学研究科機械システム専攻2回生、情報理工学部知能情報学科2回生、生命科学
部生命医科学科2回生、薬学部6回生、スポーツ健康科学部4回生、以上5人の先輩リケジョに
よるトークセッション。







 「何で理系を選んだの?」、「理系と文系の大学生活、どう違う?」、「今、がんばって
いることって?」、「将来の夢は何?」などについて、先輩リケジョに語ってもらいました。
「実験が多くて楽しい」、「大学では英語を使って発信することに驚いた」、「春休みに短
期留学して理系の研究所を訪問した」、「勉強とアルバイトやサークル活動を両立させてい
る」など、それぞれのキャンパスライフの話に花が咲きました。
 大学院生の先輩リケジョからは、「高校や大学低回生のときの『勉強』は、先人達の研究
の成果でわかったことを学ぶこと。大学での『研究』は、まだ誰も知らないことを探究する
こと。だから面白い」という言葉に参加者一同がうなづく場面も。
 先輩リケジョたちの研究の分野や進路希望は様々ですが、理系研究でよりよい世界を作り
たいという思いは皆、同じのようでした。  トークセッションの後は、1階に場所を移して、「理系女子相談会」として個別相談を実施
しました。  8月2日3日の両日で、「理系女子会『しゃべくり+R』」に約60名、「理系女子相談会」に約
30名の、高校生リケジョ達が参加をしました。
 憧れの大学生リケジョを目指してがんばってください。
 理系5学部は、今後も理系女子を応援します。






以上
  • other