FAQ

学生の通学

学生の通学ルートはどうなりますか?

現在、茨木市により、JR茨木駅からキャンパスまでの歩行者専用道路をはじめ、周辺道路や歩道橋等の整備が予定されており、通学路として学生も利用する道路環境が順次整えられます。キャンパス周辺は住宅地のため、通学可能ルートを指定する予定です。ただし、市内居住者は近隣町内を通行させていただくことになります。通学ルートは、ガイダンス等を通じて学生に周知する予定です。

学生の通学ルール(規則)はどうなりますか?

キャンパスには公共交通機関(JR、バス等)、徒歩、自転車による通学となります。
自転車通学は登録制とし保険加入を義務づけます。
また、原動機付自転車、排気量125cc 以下のバイクの駐輪が可能ですが、バイク通学は自粛を基本とし、必要な場合に限り「バイク安全運転講習会」を受講したうえで、「バイク通学登録」を行うことを条件に認めています。
自動車および排気量125cc 超のバイクの入構は原則禁止としています。

始業時間・終業時間は何時ですか?

授業開始は9:00、最も遅い授業終了は21:10を予定しています。ただし、教員や院生の研究その他の利用のため、施設の利用終了が深夜にまで及ぶ場合があります。

通学の時間帯を教えてください。

9:00から1限目の授業が開始されますので、8:30~9:00が通学量の最も多い時間になります。また、課外自主活動のため授業開始前にアリーナやグラウンドを利用する学生については早めに通学する場合があります。また2限目以降の授業から出席する学生については、順次通学してくることになります。

通学マナー向上、安全対策のためにどのような取組みを予定していますか?

自転車、バイク通行マナーについて、パンフレット配布や指導を実施します。
自動車による通学は全面的に禁止とし、またバイク通学についても自粛を基本としています。やむを得ずバイク通学を行う場合も、125cc以下のバイク利用に限定し、「バイク安全運転講習会」を受講したうえで、「バイク通学登録」を行うことを条件に認めています。自賠責保険にも加入する必要があります。
また、自転車通学についても登録制であり、登録していない自転車は乗り入れできません。自転車防犯登録、賠償責任保険への加入、前照灯・鍵の設置を義務付けています。 
通学量の多い時間帯は誘導員を配置し、安全管理に努めます。

学生用の駐輪場・バイク置場はどこにありますか?それぞれ何台収容ですか?

学生用駐輪場・バイク置場はA棟西側(JR京都線側)にあります。駐輪場の収容台数は約2千台、バイク置場の収容台数は約250台を予定しています。