FAQ

地域・社会と大学との連携

どのような地域・社会と大学との連携を進めていますか?

地域・社会との連携を通じて教育・研究・学生活動のフィールドを拡げるとともに、多様な活動を通じて相互の信頼関係を育み、豊かな地域・社会づくりに貢献することを目指しています。
キャンパス開設前から、企業や行政、市民の方と学生や教職員が協同した様々な取り組みを進めています。
地域・社会連携の取り組み詳細については下記のページご覧ください。

市民が参加できる講座や活動はありますか?
【コミュニティ創造プロジェクト】

市民、学生、教職員など様々な立場、世代を超えて出会い、つながり、コミュニティを創り、そこでの交流を通じて新たな気づきや学びを得ることを推進するための取り組みをキャンパス開設前から始めています。まずは「育てる里山プロジェクト」、「ガーデニングプロジェクト」、「まちライブラリープロジェクト」の取り組みを進めています。
取り組みの詳細については、下記のページをご参照ください。

※まちライブラリー@OICはB棟1階に設置されます。利用方法などの詳細は決定次第お知らせします。

【市民講座】

2014年度は、茨木市都市政策課と連携し、「いばらきまちづくりラボ」という市民講座を開講。「茨木市北部に眠る地域資源の活用」、「楽しみながら真剣に行う防災」、「「食・農」を通じたコミュニティづくり」の3テーマで実施しました。次年度以降も継続した取り組みになるよう計画しています。このほか、茨木市生涯学習センターや茨木シニアカレッジに本学教員を講師として派遣する等、様々な講座と連携を行っています。

直近のイベント情報は当サイトのイベントページをご覧ください。
また、2015年4月以降はOIC地域連携室(B棟2階)でもイベントのチラシ設置等を行う予定です。

共同研究や研究委託など研究開発面での連携の相談はどこでできますか?

OICリサーチオフィスが民間企業・団体、公的研究機関などとのワンストップ窓口となり、研究プロジェクトの立ち上げから成果発信までトータルでサポートします。また学外の方々と共同して研究会・セミナーなどを開催することができる「産学交流ラウンジ」を設置します。中庭と屋上庭園に囲まれた開放的なスペースで、学外の方や大学教職員・院生・学生など、様々な人々が出会い、意見を交わし、新たな知見を創出する場となることが期待されています。

学生に地域でのイベントに参加してもらいたいのですが。

既存キャンパスと同じく、地域交流の依頼を学生オフィスにて受付します。地域交流をお受けしたことのあるサークル一覧や、ご留意いただく事項については、下記ホームページをご確認ください。
OIC近辺での依頼については、OIC学生オフィス[TEL:072-665-2130]へご相談ください。

学生にボランティアの協力を得たいのですが。

立命館大学サービスラーニングセンターの窓口にて、ボランティア活動等のチラシ配架およびポスターの掲示を行っています。
学生に発信できる情報の基準は、センターホームページの「ボランティア情報をお寄せくださる方へ」をご覧ください。

その他、大学との連携の相談窓口はどこですか?

大学との連携をご希望される場合は、OIC地域連携課へご相談ください。
ご相談内容に応じて学内の関係者との調整を行います。

【お問い合わせ先】

立命館大学大阪いばらきキャンパス
B棟(立命館いばらきフューチャープラザ)2階
OIC地域連携課
TEL:072-665-2550 (月~金 9:00~17:30)