ニュース

最新のニュース

2017.09.12

2017年度「立命館大学大学院リサーチプロポーザルコンテスト」募集のお知らせ

立命館大学大学院リサーチプロポーザルコンテスト
自分の研究を他者に伝えるために

みなさんの研究成果は、いずれ論文にまとめられ、社会に問題提起したり、課題の解決策として広く発信されていくことでしょう。しかし、そこに至るためには自分の研究計画をきちんとデザインする力が必要になります。
「研究計画をデザインする?」「リサーチプロポーザルはいつも書いている」と思っている大学院生のみなさん、この機会にリサーチプロポーザルを書いて、他者から客観的に見てどのように評価されるのか、チャレンジしてみませんか。 たくさんのご応募を心より願っています。

また、本申請書は、日本学術振興会特別研究員の申請書式とほぼ同じ項目となっております。日本学術振興会特別研究員の募集は毎年行っております。
リサーチプロポーザルコンテストは日本学術振興会特別研究員に申請する前のトレーニングの場としても位置づけています。リサーチプロポーザルコンテストに申請後、日本学術振興会特別研究員にも積極的に申請し、採択されることを期待しています。

  1. 募集概要
  2. 応募について
  3. 審査について
  4. 個人情報の取り扱いについて

募集概要

目的

①研究構想力の向上
②自身の研究内容や専門知識を、広く社会に伝える力を養う
③汎用的な文章力の向上

応募資格

応募締切日現在、本学大学院に在学する大学院生

募集分野

文系、理系

募集期間

2017年9月26日(火)~2017年10月23日(月) 17:00まで

応募方法

データにて、下記メールアドレスに送付してください。
d-cp@st.ritsumei.ac.jp

審査結果発表

2017年11月下旬
応募者の連絡先住所に審査結果を送付します。

表彰式

2017年12月中旬
表彰式では、最優秀賞受賞者のプレゼンテーションを行います。表彰式終了後は、応募者参加による交流会を開催します。

大賞	各分野1名(賞状、副賞図書カード3万円分)
優秀賞 各分野2名(賞状、副賞図書カード1万円分)
敢闘賞 各分野3名(賞状)

主催

立命館大学大学院キャリアパス推進室

お問い合わせ先

立命館大学大学院課(衣笠)
TEL 075-465-8195
Mail d-cp@st.ritsumei.ac.jp

応募について

応募に関して

  1. 応募は1人1件とします。(共同研究は不可)
  2. 応募内容は応募者本人が作成したものに限ります。
  3. すでにこのコンテストに応募されたことがある方は、同じ内容での応募はできません。その後の研究進捗状況を反映させるなど、内容をブラッシュアップしたものをご提出ください。 
  4. 応募書類は返却しません。各自、応募書類をコピーするなどして控えをとっておいてください。
  5. 応募の条件を満たしていないもの、提出方法について不備のあるものは審査の対象外とします。
  6. これまでの研究経過および研究成果に関して、研究倫理にもとる重大な虚偽が発見された場合は、「立命館大学学生懲戒規」にもとづき厳しく対処します。
  7. 審査に関するお問合せには応じられません。
  8. 視覚障がいなどにより図で示せない場合等については大学院課に相談してください。

作成要領

  1. 応募用紙は立命館大学大学院キャリアパス推進室ホームページよりダウンロードしてください。応募様式は、本コンテスト所定のものを使用し、本文のフォントサイズは10.5ポイントを使用して作成してください。フォントサイズ、行間、様式の変更、所定様式以外の用紙の追加、所定枠を超えてのページの追加は認めません。
    <書式ダウンロード>
    募集要項
    応募用紙

  2. 設問1「研究の概要図」(応募用紙P2)については、応募用紙に記載した研究の内容を図式を用いて概略図を作成してください。
    過年度の受賞者の概要図は以下のURLから参照できます。
    2016年度
    2015年度

  3. 応募書類はパソコンで作成してください。
  4. 応募書類は日本語または英語で作成してください。
  5. 図表等を用いて、必ずしも専門や前提知識を共有しない読者を想定して作成してください。
  6. 応募書類はPDFデータを提出してください。(d-cp@st.ritsumei.ac.jp)

審査について

審査基準
以下の審査項目について、審査基準(1)論旨・形式の一貫性(2)分かりやすさ(3)知的な示唆(4)研究計画・提案の魅力の観点から審査を行う。
  1. 概要図
  2. 研究の目的・内容
  3. 研究の特色・独創的な点
  4. 研究の背景
  5. 研究業績

審査項目の詳細については、募集要項をご確認ください。

審査方法
  1. 審査は、立命館大学大学院キャリアパス推進室のもとに設置する審査委員会において、書類審査により行います。
  2. これまでの研究経過および研究成果に関して、研究倫理にもとる重大な虚偽が発見された場合は、「立命館大学学生懲戒規程」にもとづき厳しく対処します。

個人情報の取り扱いについて

主催者が立命館大学大学院リサーチプロポーザルコンテストの実施に際して取得した個人情報は、立命館大学個人情報保護方針に基づき適切に取り扱います。但し、受賞者の氏名・所属(研究科名・課程等)、応募用紙の「研究の概要図」は受賞者の発表時および次回のコンテストの広報時において、ホームページ上で公表・公開します。

2016.12.16

2016年度立命館大学大学院リサーチプロポーザルコンテスト審査結果発表

「2016年度立命館大学大学院リサーチプロポーザルコンテスト」は、2016年9月1日(金)から10月21日(金)まで本学大学院生からリサーチプロポーザルを募集し、大学院キャリアパス推進室のもとに設置した審査委員会において審査を行いました。厳正な審査の結果、人社系、理工系の各分野から、優秀賞、敢闘賞を決定いたしました。受賞された皆様、大変おめでとうございます。

優秀賞

文系

魏 菲菲(博士課程前期課程経営学研究科)
「中国における少子高齢化と介護サービスに関する実証研究:浙江省でのアンケート調査から」

理系

武中 沙葵(博士課程前期課程スポーツ健康科学研究科)
「脳機能に関与するBDNFが代謝されることによって実行機能は亢進するのか?


堀居 直希

敢闘賞

文系

NURUL AULIA(博士課程前期課程国際関係研究科)
「The Role of China as a Responsible Power: Case Study of Peace-building in South Sudan」


伊東 香純


岡井 将記

張 卓群

理系

山中 美菜子(博士課程前期課程理工学研究科)
「赤玉土と炭素繊維不織布の微量有害物質について除去特性の把握」


三村 知洋(博士課程前期課程情報理工学研究科)
「音声発話と物体情報を統合した移動ロボットのセマンティックマップの獲得