ニュース

2019年度日本学術振興会 特別研究員の申請に向けた準備セミナーの開催報告

 立命館大学大学院キャリアパス推進室では、「大学院キャリアパス支援プログラム」の一つとして、日本学術振興会の特別研究員への申請に向けた準備セミナーを開催しました。  

 特別研究員は、採択された方の多くが常勤の研究職に就いており、若手研究家の登竜門といわれています。アカデミックキャリアを目指す院生のみなさんのキャリア獲得に繋がるように、採択されるための支援を行っています。 そこで、1月21日(火)に初めて申請する方向けの初チャレンジセミナーと過去に申請経験のある方向けのブラッシュアップセミナーの2講座を開催しました。


(1)「初」チャレンジセミナー~2021年度採用に向けた「はじめの一歩」~
 本セミナーでは、特別研究員の概要、申請書の構成や審査領域の選び方など申請書作成の攻略方法や書き方のポイントを冒頭に講義形式で行ないました。そのうえで、申請書作成にむけて研究計画の骨子を整理するためのワークシートを作成しました。作成にあたっては、各設問に対して先に伝えるべきポイントと結論をキーワードで決め、そのキーワードに関連するワードを自由に発想したうえで、出てきたキーワードを結びつけて説明していくという「強制連結法」を用いて行いました。その後、グループに分かれてピアレビュー(相互評価)をし、問題点の把握や意見交換を活発に行いました。

(2)申請書ブラッシュアップセミナー~過年度の申請書類を振り返って~
 本セミナーでは、過年度に申請した方が参加しました。採択された方の申請書を題材に、それぞれが異なる申請書を読み、良い点・工夫されていた点をピックアップしディスカッションすることで、良い申請書の共通点について意見交換を行いました。 そのうえで、過年度に申請した自分自身の申請書を読み返すことで、良い点・課題点を洗い出し、次年度への改善ポイントが個人のなかで明確になっていました。
 最後に特別研究員の採択者から経験談に基づいたメッセージも寄せられ、良い申請書作成を完成するためには、早めに準備を始め、いろいろな人に読んでもらい、意見を聞き、推敲を重ねなければならないと実感することができるセミナーとなりました。

大学院キャリアパス推進室HP
http://www.ritsumei.ac.jp/ru_gr/g-career/