機械加工工具
第1線の
研究室



『ファブリケーション研究室』
〒525-8577
滋賀県草津市野路東1-1-1
立命館大学理工学部機械工学科
TEL/FAX:077-561-3043
E-mail:tani@se.ritsumei.ac.jp

 電着ダイヤモンドワイヤ用砥粒など、ファブリケーション研究室の研究成果を提供する、大学発ベンチャー・ツールバンクのホームページはこちら

English version is here.

 ファブリケーション研究室においては、
@機械加工工具のパーソナルファブリケーション技術に関する研究開発
A新しい遊離砥粒研磨技術および研磨工具に関する研究開発
B遊離砥粒研磨を代替するような固定砥粒工具に関する研究開発
C高付加価値切断工具に関する研究開発
D機械加工面の評価に関する研究開発
を行っております。
 研磨特性に優れるエポキシ研磨パッドを市販化した希少金属代替材料開発プロジェクト(セリウム)のNEDOプロジェクトが2013年3月で終了しました。その研究開発で得られた成果をさらに発展させる研磨工具に関する研究開発を続行しています。

# Past Activity

  • 2016/11/16 アクトシティ浜松で開催されたICPE2016にてD2の川波多氏が「Development of an alternative lapping tool by the application of compressed short-metal fibers」の講演発表を行いました。
  • 2016/9/21 コラボしが21で開催されたニュービジネス発掘会で谷が「各種光学部品や電子部品の仕上げ加工を変える研磨技術」というタイトルの講演発表をしました。
  • 2016/9/17 雄琴温泉きくのやさんで立命館大学谷研究室10周年記念OB会が開催されました。(右の写真参照)
  • 2016/9/13 九州大学伊都キャンパスで開催された日本機械学会年次大会にて張准教授が高速研磨電着ダイヤモンドワイヤ用砥粒に関する2件の講演発表を行いました。
  • 2016/9/7〜8 茨城大学水戸キャンパスで開催された精密工学会学術講演会秋季大会研究室から2件の講演発表を行いました。
  • 2016/8/31 兵庫県立大学で開催された砥粒加工学会学術講演会ABTEC2016にて研究室から2件の講演発表を行いました。
  • 2016/8/22 近畿大学にて開催された先進研磨技術研究会において谷が「NEDOプロジェクトから始まった研磨工具の研究開発」という講演を行いました。
  • 2016/8/7〜9 研究室の夏合宿を奥飛騨で行いました。その中でカミオカンデを見学しました。
  • 2016/7/12 島津製作所で開催された精密工学会関西支部学術講演会にて研究室から2件の講演発表を行い、そのうちM2の濱崎君がベストプレゼンテーション賞を受賞しました。
  • 2016/5/13 谷研究室創立35周年記念行事を立命館大学東京キャンパスにて行いました。




立命館大学谷研究室10周年記念OB会

# Future Activity

*2016年12月9日(金)
 研究室の忘年会&3回生歓迎会を行います。
*2016年12月14日(水)〜16日(金)
 東京ビッグサイトにて開催されるセミコンジャパン2016の立命館大学のブースにて、高性能研磨工具に関する展示を行います。
*2016年12月15日(木)
 セミコンジャパン2016のアカデミア@GAKKOで研究室の内田君が縦穴構造研磨パッドの発表を行います。
*2016年12月16日(金)
 大田区産業プラザ (PiO)にて開催される、平成28年度砥粒加工学会賛助会員会第2回技術交流会において谷が「砥粒加工におけるビジネスチャンス」というタイトルの講演を行う予定です。
*2017年3月2日(木)
 京都パルスプラザにて開催される京都ビジネス交流フェア2017にて谷が「高速研磨技術の実用化」という講演発表を行う予定です。