English→

当研究室の紹介
今、新しい光は、放射光と呼ばれ、電子から光を直接発生させます。高輝度のX線を放出するのが特徴です。立命館が導入した超伝導の放射光装置(AURORA)は、山田とその仲間が開発しました。そして、さらに新しい光発生装置の開発をしているのが山田研究室です。この装置を "みらくる” と呼びますが、世界最小のシンクロトロンで出来ています。装置の開発は、山田教授の新しい光発生機構の提唱にもとづいたもので、世界初の装置です。

”みらくる”は、さまざまな光を発生します。遠赤外線、EUV、軟X線、ハードX線という幅広い領域で高輝度の光を発生します。遠赤外線領域では、電子から光を直接に強制誘導放出させる一種のレーザーを発生します。波長可変な点が普通のレーザーと異なります。ハードX線強度は最大光子密度において第2世代放射光並ですが、数100keVX線まで発生するところが違います。もちろん世界最小シンクロトロンですから、病院に設置が可能なサイズです。当研究室では、高輝度ハードX線の医学利用研究も進めています。そして、更には、移動式放射光装置の開発を進めています。これは、橋梁の検査や企業での非破壊検査、X線顕微鏡として利用するのが目的です。

21世紀COE放射光生命科学研究センターを運営(SLLS)

お知らせ
タンパク質構造解析ビームライン
(みらくる20SX用高度分析ビームライン:分光器チェンバー、タンパク質構造解析用のゴニオメータとCCD検出器が常設されている)
みらくる-20SX
(滋賀県栗東市・近江みらくるセンターに設置)

立命館のHPへ
電気電子・光系のHPへ

■連絡先:立命館大学理工学部/電子光情報工学科

〒525-8577滋賀県草津市野路東1-1-1

E-mail:教授/山田廣成(hironari@fc.ritsumei.ac.jp)

TEL & FAX (077)561-2680