機械加工工具
第1線の
研究室



『ファブリケーション研究室』
〒525-8577
滋賀県草津市野路東1-1-1
立命館大学理工学部機械工学科
TEL/FAX:077-561-3043
E-mail:tani@se.ritsumei.ac.jp

先進研磨技術研究会

【発足の経緯】
 セリウムに関する希少金属代替材料開発プロジェクトが2013年3月をもって終了致しました。「砥粒の滞留性」をキーワードに行ってきたこのプロジェクトではエポキシ樹脂多孔質パッドをはじめ、数多くの研究成果が得られました。
 研磨加工に関してはまだまだ改善の余地が残されていることが明確となり、この研究開発組織を何らかの形で残す必要があると考え、休眠状態だった先進研磨技術研究会(PALAT:Platform for Advanced Loose Abrasive Technology)を2013年4月に再発足させることとあいなりました。

【活動内容】
@研究会の開催
 年3回研究プロジェクトメンバーから研究開発状況をご報告させて頂きます。(参加者に制限は設けておりません。)また、プロジェクト内で開発した製品の一部についてはサンプル提供のご依頼を申し受けます。
A研修会の開催
 年1回研磨加工に関する研修会を開催します。研磨加工等に関して基礎技術と最新動向について学べます。(各回各機関1名/1口に制限させて頂きます。)
B先進研磨技術開発拠点の設備開放
 立命館大学びわこ・くさつキャンパス内に設置されている「先進研磨技術開発拠点」内の各種研磨装置や評価装置を無料にてご利用頂けます。

【入会方法】
 現在休会中です。再開の目途がたちましたら、この場にてご連絡させて頂きます。