事業紹介(各学科・学系の取り組み)

数理科学科

数理科学分野における世界的研究拠点の形成と国際的人材の育成

数理科学科では、BKC移転以来、研究の国際交流を積極的に進めて参りました。2001年から2008年までBKCで毎年1回開催されていた国際シンポジウムは、現在、世界各地の大学との共同シンポジウムに発展し、時に場所を国外に移して多い年には年に数回開催されるまでになりました。これらのシンポジウムには学生・院生がスタッフ・講演者として参加し、国際的な経験を積むよい機会となっています。また、このシンポジウムを通じた研究交流の積み重ねが実を結び、現在では、このBKCに海外の研究者が多く訪れ、活発な研究活動を行う国際的研究拠点になりつつあります。これらの影響により、次第に博士後期課程に在籍する学生も増え、また国内外から優秀な若手研究者がポスドク・助手・助教として集まってきています。このように年々増加する院生・若手研究者に国際的な経験を積ませるため、国内外における国際シンポジウムの開催、海外からの講師招聘、特徴あるセミナールームの設置等、教育研究環境を充実させたいと考えています。数理科学科では、今回の「BKC移転20周年記念事業募金」によりいただいた資金を活用して、これまでに培ってきた研究の国際交流の苗を大きく育て、国際的研究拠点の形成を目指します。数理科学科で学ぶ学生・院生は研究の最前線に触れることでその才能を大きく伸ばし、立命館のプレゼンスをさらに高めてくれることと確信しています。どうか卒業生の皆様のご協力を賜りますようお願い申し上げます。

  • 数理科学科
  • 物理科学科
  • 電子システム系
  • 機械システム学系
  • 環境都市学科