学科構成

都市システム工学科

安心・安全な街づくりを目指し、災害から人の命と社会基盤を守る。

都市システム工学科

人の命を守るのは医学だけでありません。安全な社会生活を送るためには、都市のインフラストラクチャー(社会基盤)がしっかりしていることが必要です。人の命を守り快適な生活を保障する工学、それが都市システム工学科の目指す工学です。世界的に見ても、自然災害や交通災害など、いろいろな災害が問題になっています。このような災害で大きな被害を受けた都市の復興には、皆さんの活躍が求められています。都市再生計画や防災計画は、快適で安全な社会生活を送るうえでなくてはならないものです。最近では、道路や鉄道といった狭い意味でのインフラストラクチャーだけではなく、文化的な遺産をも含めた広い意味でのインフラストラクチャーを維持管理していくことがエンジニアに求められています。新しい都市交通システムやアメニティ豊かな水辺空間の提案など、豊かな発想をもつエンジニアの活躍が期待されています。卒業生は、公務員や鉄道・道路など広い分野に進出して活躍しており、卒業後の大学との結び付きや卒業生同士の交流も活発に行われています。

タイトル コンテンツ
関連する資格など 技術士 土木施工管理技士 測量士 など
教員免許状 高等学校教諭一種(工業)
予想される進路 官公庁、公社・公団、建設会社、鉄道、電力・ガス、
計画・設計コンサルタント、住宅・不動産、各種メーカーなど。