学科構成

電気電子工学科

技術の進化を支え、次代の創造に導く電気電子工学のグローバルリーダーを目指す。

電気電子工学科

電気電子工学は、エネルギーや情報通信に見られるように、社会基盤を支えるきわめて重要な役割を持つ分野の1 つです。電気電子工学の基礎知識や技法の確実な修得を目指した科目を整える一方で、新技術の創造につながる課題を探索し、解決に向けた研究の場も提供しているのが、電気電子工学科です。科学技術全般の発展に寄与するとともに、人類の福祉と社会の発展のために貢献できる技術者・研究者を輩出することを目標としています。具体的には、電磁気学、電気回路、電子回路、およびそれらを支える応用数学など、基礎的な科目を学習することで、この分野の学問的基礎を涵養します。次に「電子デバイス」「電子システム」「光システム」「通信システム」「環境・エネルギーシステム」などに関する専門的な科目群を系統的に学習することで、知識を広げ、研究を通して応用力を養います。これにより、激変し多様化する技術の世界に的確に対応し、次代へのよりよい変化をリードできる能力を身につけることができます。

タイトル コンテンツ
関連する資格など 電気主任技術者 電気通信主任技術者 陸上無線技術士
工事担任者 特殊無線技士 施工管理技士 など
教員免許状 高等学校教諭一種(情報・工業)
予想される進路 総合電機、家電、半導体、通信、電気設備・工事、自動車、機械、化学、バイオ、エネルギー、交通、医療、環境等の産業界及び官公庁など。