学科構成

電子情報工学科

「エレクトロニクス」「コンピュータ」「情報通信」3 つの分野のプロフェッショナルとして世界で活躍する。

電子情報工学科

「エレクトロニクス」「コンピュータ」「情報通信」は、安心・安全な社会基盤をなす重要な分野です。電子情報工学科では、これら3 つの分野を柱とした広範な専門領域において教育・研究を実践しています。基本となるハードウェアとソフトウェアの基礎原理 を理解し、実践的研究課題を通して得られる技術力、問題解決力をもって社会に貢献できる人材を育成します。近年、エネルギーなど地球規模の問題から、情報セキュリティーなど個人に直接影響がおよぶ問題まで、さまざまな課題があります。これらを解決し我々 の社会をより発展させるためには、電子情報工学分野においても、より一層の技術革新が求められます。そのためには、工学全体の基礎となる数学や物理学はもとより、電気・電子回路、コンピュータやソフトウェアなどの専門知識、ネットワーク通信やシステムLSI に関する応用知識を身につけ、電子回路設計やプログラミングなどの実践的な技術を磨くことが必要不可欠です。電子情報工学科では、あらゆる分野で必須のこれら専門知識・技術を身につけ、国際的にも活躍できる、我が国を支える技術者を育成します。

タイトル コンテンツ
関連する資格など 電気通信主任技術者 応用情報技術者
基本情報技術者 など
教員免許状 高等学校教諭一種(情報・工業)
予想される進路 官公庁、半導体製造業、総合電機・情報通信機器・機械・精密機器の各メーカー、ソフトウェア製造業など。