学科構成

環境システム工学科

循環型社会の創造を目指し、総合的に環境問題の解決に迫る  

環境システム工学科

地球環境問題は、21 世紀に生きる私たちが抱える大きなテーマです。現在の私たちの生活や生物生態系のもつ多様性を、次世代や次々世代に持続可能にするための原理と応用を学びます。幅広い自然科学の法則を理解し、その法則性を意識的効果的に都市づくり街づくりに活かすために、力学、環境工学、都市計画などの工学の基礎を身につけます。環境問題の分析、環境の改善・管理、および新しい環境の創造を行うために、キャンパスに身近な琵琶湖を題材とした学習や、ディベートやグループ研究といった実践的な学習を重視しています。また、途上国における環境問題や環境先進国の政策などを海外で学ぶことによって、国際的な視野を身につけます。環境動態解析、環境保全技術、リスク評価、物質・エネルギー循環などの環境システム工学分野、また社会科学分野を含む環境複合領域の諸科学を系統的に学び、社会の広い場所で活躍できる人材を育成します。

タイトル コンテンツ
関連する資格など 技術士 環境計量士 公害防止管理者 測量士
施工管理技士 など
教員免許状 高等学校教諭一種(工業)
予想される進路 官公庁、エネルギー産業、建設業、製造業環境部門、
環境・建設コンサルタント、情報関連企業など。