学科構成

機械工学科

最先端のテクノロジーを学んで産業・工業のあらゆる分野で人間生活を支える。

機械工学科

機械工学はものづくりの「原点」を担う学問であり、新素材、高効率エンジン、マイクロ・ナノスケールでの超精密加工技術、人間の頭脳のような判断力を持った制御システムといった先端技術を含めた、産業・工業のあらゆるフィールドを支えています。機械工学科では、材料、設計・生産、制御・システム、環境・エネルギー、ナノテクノロジーといった分野をしっかりと学ぶことで、工学の研究に欠かすことのできない基礎を修得できます。工学分野の事象を多角的にとらえることができるよう、幅広い視点と知識を身につけることができる教育・研究を展開しています。カリキュラムは、物理学、数学、製図など機械工学の基礎科目を学び、それらの運用能力を修得するとともに、「材料系」「熱・流体系」「システム・制御系」「生産・加工系」などの専門科目を系統的に学べるように配置しています。機械工学や関連する学際領域における最先端の研究に向けて、高度な専門知識を身につけ、研究開発を通じて、実践的なスキルの修得を目指します。

タイトル コンテンツ
関連する資格など 自動車整備管理者 技術士 施工管理技士
エネルギー管理士 ボイラー技士 など
教員免許状 高等学校教諭一種(工業)
予想される進路 重工業、自動車産業、電機、精密機械、輸送機械といった、
幅広い分野での設計や研究開発などの専門職。