学科構成

数理科学科

幅広い領域での数学の研究・活用を通して人類の福祉と発展に貢献する。

数理科学科

現代数学の理論的・応用的知識を修得し、幅広い領域で数学を研究・活用できる能力を身につけ、数学を通して人類の福祉と発展に貢献できる人材を育成することを目標としています。1 回生から基礎的科目および少人数クラスの演習・セミナーに取り組み、その後の学びの土台となる諸分野共通の知識を確実に修得します。進級するにしたがい、高度でより専門的な内容を系統的に学習します。解析・代数・幾何の専門科目群のほかに、数理科学科の顕著な特徴である数理ファイナンスの専門科目群を配置し、将来の進路目標や興味、関心に適合した専門知識を学んでいきます。またこれらの科目で学んだ数学を、数学処理システムを使って実習する「実験数学」 では、段階的に総合的な力を高めることができます。そのほかにも1 〜3 回生を通してコンピュータを使う科目が配置され、卒業までにICT 関連の基礎知識と実践的技術が修得可能であることも数理科学科の特徴です。第一線で活躍する研究者や技術者、高度専門職業人に不可欠な英語運用能力の充実にも力を入れています。

タイトル コンテンツ
関連する資格など アクチュアリー 証券アナリスト ファイナンシャルプランナー
基本情報技術者 応用情報技術者 など
教員免許状 中学校教諭一種(数学)  高等学校教諭一種(数学・情報)
予想される進路 システムエンジニアとして情報関連企業、金融関連企業、教員、
その他の国家・地方公務員など。