学科構成

物理科学科

物理学の発想や視点を確実に身につけて、新領域・境界領域の新しい学問を切り拓く。

物理科学科

物理の考え方を自分のものとし、それを社会の幅広い分野で活用できる力をもつ人材を育成することが物理科学科の目標です。そのために、自然科学の考え方や視点の根幹となる力学、電磁気学、統計熱力学、量子力学についての確実な理解を基本として、「新領域・境界領域の物理学の開拓」を目標とした教育・研究を展開しています。1・2 回生では、物理を学ぶための土台となるさまざまな科目を基礎からしっかり学ぶとともに、物理学実験やセミナー形式の科目もあわせて履修します。学生自身が実験を行い、その結果を発表することで、データの収集・解析、レポート作成、プレゼンテーションなど実践的な能力と同時に、研究に欠かすことができない論理的思考や問題解決力を身につけることができます。進級するにしたがい、学んだ基礎を段階的に発展させて、個々人の興味や関心、将来のビジョンに適応した物理学の専門的な領域や応用分野を系統的に学ぶことができるカリキュラムを設けています。

タイトル コンテンツ
関連する資格など 高圧ガス製造保安責任者 放射線取扱主任者第1種 など
教員免許状 中学校教諭一種(理科) 高等学校教諭一種(理科)
予想される進路 エレクトロニクス関連、計算機ソフト関連、材料関連の企業の研究開発職や総合職など。