学科構成

ロボティクス学科

工学分野を広範囲に学び幅広い領域で活躍するロボット開発に挑む。

ロボティクス学科

1996 年に設立された、日本初のロボティクス学科です。機械、電気・電子、情報、材料、人間工学など、幅広い分野にまたがる教育・研究を実践しており、現在1,000 人を超える卒業生が各分野で活躍しています。多様な先端テクノロジーに精通し、それらを統合 して、産業用の製造ロボットをはじめ、宇宙・海洋開発や原子炉内の点検、家事や医療・福祉などの新しいロボット開発に活かせる問題発見能力・問題解決能力を持った技術者・研究者の育成を目指しています。1・2 回生では、ロボットの基本である機械工学やコンピュータの基礎を学科共通科目として学びます。回生が進むとともに、一人ひとりの関心や将来のビジョンに合わせて「ロボットシステム」「ロボット知能」「ヒューマンマシン」の各科目群を系統的に学修します。「ロボットシステム」では、新しいロボットを作るために必要なアクチュエータや構造について、「ロボット知能」では、賢いロボットをつくるためのセンサや人工知能について学びます。「ヒューマンマシン」では、生体工学や人間工学を学ぶことで、医療・福祉や生活支援に役立つロボットを目指します。

タイトル コンテンツ
関連する資格など 自動車整備管理者 技術士 建築設備士 など
教員免許状 高等学校教諭一種(工業)
予想される進路 電機、機械、自動車、オートメーション機器、IT、化学、生活機器、服飾、医療・福祉機器等の各種メーカー、官公庁など。