ハワイ大学留学プログラム

プログラムの特徴

国際的な場で活躍する技術者や研究者に不可欠な英語の総合的・実践的運用能力、プレゼンテーション・スキルを向上させるとともに、課題設定能力、研究分析能力、問題解決能力、マネジメント能力を培うことを目標としています。異文化理解や異文化交流の大切さも現地での体験を通して学びます。

  1. 事前研修では、ハワイにまつわる科学技術や自然環境に関する講義を聴き、グループ学習を通して、各自が現地での課題消化に備えて予めテーマを設定し、情報収集等の準備をします。
  2. 現地では、ハワイ大学で本プログラムのために特別に用意された講座(理工系の内容の講座、ハワイの文化に関する講座)や英語学習の講座を受講します。その中で、各自が自分で見つけたテーマに関してPowerPointを使ったプレゼンテーションをします。その他、各種フィールドトリップやハワイ大学の学生との交流など、盛り沢山の企画が用意されています。
  3. 帰国後、プログラムの成果をポスター発表の形で皆に披露します(オーディエンスはプログラム参加者に限りません)。

プログラムの魅力

4週間に渡る留学プログラムです。これだけの期間を海外で過ごすことは、一旦、社会人になったらなかなか経験できることではありません。皆さんには常々、学生の今のうちに、今だからこそ、様々なことに伸び伸びとアンテナを張り、色々な経験をし、視野を広げて欲しいと願っています。このプログラムはその大きな一助となります。プログラムに参加して新しい挑戦をし、その先の無限の可能性を信じ、将来に向けた大きな一歩を踏み出してください。

ハワイに精通した理工学部の英語専任教員(英語のネイティブ・スピーカー)が引率します。世界各国から集まったたくさんの留学生が寝泊まりしているハワイ大学の寮に宿泊します。食事も大学のカフェテリアで取ります。そこは、言わば世界の縮図です。色々な国の友達ができます。過去、このプログラムに参加した先輩達は、帰国後もハワイ大学で知り合った海外の友達とSNS等を通して交流を続けています。日本に訪ねて来た留学生もいるそうです。

皆さんもプログラムに参加し、BKCではできない貴重な経験を重ね、それを将来の糧としてください。

留学プログラム参加者からのメッセージ