文字サイズ

進路決定者VOICE

一覧へ戻る

建築都市デザイン学科 進路決定者

都市を支える一端となる

S. S.

理工学研究科 環境都市専攻 2回生
株式会社大林組

在学時のエピソード

全身全霊の挑戦

明確な解答のない建築設計では、周囲の環境が作り上げた自分の感性を基に、紆余曲折しながら1つの設計演習課題に数百時間かけて取り組みます。その幾度もの壁の中で最も印象的なのは3回生の後期課題です。課題終盤で体調を崩してしまい39℃を超える熱を出しながら、5日間意識朦朧の中、正月も返上で作業と仮眠をひたすら繰り返していました。そんな「全身全霊の挑戦」が初めて学内で最優秀賞の評価を頂いた時の喜びは、決して忘れられません。
このように苦悩や喜びを繰り返し、無事に第一志望である企業からも内定をいただき、現在は研究活動を通して社会に出てからも「何故その設計をする必要があるかを人に納得させる論理力」の向上を図っています。

今後の目標・夢

自分たちの建築が
都市を支える一端となることです

建設業は独特な性質を持つ業界です。

①決して独りだけでは建築を作ることが不可能であり、意匠・構造・設備の設計者に加え、施工・技術研究者・職人・施主の方々などのステークホルダーと1つの作品として完成を目指すこと
②一度、建ち上がると自分たちが作ったものが100年近く残り続け、都市を形作る一端を担うこと

上記の2点の性質を持つ業界で、私は来年度から意匠設計者として働きます。このような業界に出てからの目標は、自分が中心となってチーム一丸でプロジェクトを進め、自分たちの建築が都市を支える一端となることです。また、いつか家庭を持ったら、「お父さんがみんなと作ったんだよ。」と子供に自慢したいです。

受験生へのメッセージ

どれだけ努力をしても
努力し尽すことが出来ない学問

建築はどれだけ努力をしても努力し尽すことが出来ない学問だと思います。立命館大学の建築都市デザイン学科は、そんな本気で挑む学生を本気で指導してくださる先生や先輩方、お互いを高め合える同期が集まり、学ぶ場が整った環境だと感じています。さらに学年の域を超えた建築学生の団体もあり、積極的に活動をすることが出来れば、この学びの環境を最大限に生かすこともできます。
また、研究室も多様な教育方針をそれぞれ持っており、自分の考え方や学びたいことを基に様々な選択肢を選ぶことが出来る幅を持っているという魅力もあります。
是非、建築に興味を持っている方は一度オープンキャンパスなどにお越しいただいて自分の肌で感じてください。