文字サイズ

NEWS & TOPICS

一覧へ戻る

2018.02.13

2018.02.13

「こうなったらいいな!をカタチにする!」-AI・IoT学生プロジェクトが実を結ぶ―

2017年秋、電気電子工学科・電子情報工学科の12回生の学生を対象に希望者を募り、
AIIoT学生プロジェクト」を展開しました。

このプロジェクトに参加した学生は9名。各自があげたテーマをもとにチームに分かれ、
「こんなシステムがほしいな」という思いを「カタチ」にするために、チームで取り組
みました。

期間は、10月から1月中旬まで。毎週金曜日、1630分から1930分を基本に集まり、
プログラミングの学習から実装まで、各チームで取り組みました。

今回扱ったテーマは、以下の4点。
 ・天気を予測し、洗濯物を守るシステム ~下宿生の切実な悩みなんです~

 ・冷蔵庫マネジメントシステム     ~下宿生と親の悩みなんです~

 ・忘れ物検出システム         ~うっかり忘れるんです~

 ・
Deep learningを用いたbitcoinの価格予想システム  ~お金持ちになりたいんです~

参加学生のプログラミング能力は様々で、初めて扱うソフトウエアもありましたが、
TA
の指導の下、試行錯誤を繰り返しながら、まとめあげ、112日に成果発表会を開
催することができました。


出来上がったシステムは、まだまだ改善の余地があるものでしたが参加学生にとっ
ては、新しい知識を獲得しただけでなく、今後の学習の方向性を見つけることができ
る貴重な機会になりました。

プロジェクト全体を指導して頂いた深尾隆則先生(電気電子工学科教授)は仰って
います。「自分たちでシステム全体を考え、たとえ一部であっても、出来ることから
やってみる。それが大切。学生
9名はその一歩を踏み出しました。自分たちが考えた
システムの一部が実現し、その喜びを感じ、次につながれば大成功です。始めなけれ
ば始まらない!彼らは当たり前のことに気づいてくれたのではないでしょうか。」と。

 AIIoTは、様々な分野で活用されています。今後もAIIoT学生プロジェクトを実
施する予定ですので、みなさん、迷わず、ぜひふるってご参加ください。

2018年春、イーストウィング1階に、新しいものづくりの拠点“All in One Lab”が
できます。この部屋では、精密な造形加工だけでなく、電子デバイス設計や作成も可
能です。こちらもぜひ活用してください。