ニュース

最新のニュース

2019.11.6

台風19号災害被災地支援ボランティア募集(11/18~20)(京都市災害ボランティアセンター)

立命館大学サービスラーニングセンターとパートナーシップ宣言をしている、
「京都市災害ボランティアセンター」より
「令和元年台風第19号災害被災地支援ボランティア募集及び派遣要項」の案内です。

なお活動に関する問い合わせについては、
京都市災害ボランティアセンター(http://ksvc.jp/
にお問い合わせください。

2019.11.6

台風19号災害被災地支援ボランティア募集(11/18~20)(京都市災害ボランティアセンター)

立命館大学サービスラーニングセンターとパートナーシップ宣言をしている、
「京都市災害ボランティアセンター」より
「令和元年台風第19号災害被災地支援ボランティア募集及び派遣要項」の案内です。



なお活動に関する問い合わせについては、
京都市災害ボランティアセンター(http://ksvc.jp/
にお問い合わせください。

2019.10.31

【ご案内】令和元年台風19号被害への募金活動実施(~11/8)

令和元年台風19号、および10月25日の豪雨で被害を受けた福島県への支援のために、立命館大学の学生が、立命館大学大阪いばらきキャンパスにて、募金活動を実施します。
日々の活動報告について、こちらのページでご紹介します。

11/8更新
募金期間終了しました。たくさんのご協力、ありがとうございました。

募金活動のご報告

 (news)20191108_1この度は、令和元年台風第19号及び25日豪雨に関する学生有志募金にご協力いただき、本当にありがとうございました。みなさまのおかげで、43,504円もの想い を託されたご寄付が集まりました。ご寄付いただいた方々はもちろん、サポートしていただいた教職員の方々、ご寄付受け入れ先の福島の方々、そして一緒に活動してくれた友人達、本当にたくさんの人が協力してくれました。僕1人でできることは圧倒的に少なくて小さいですが、皆さんが僕の思いに共鳴し行動を起こしてくれたおかげでこんなにもたくさんのご寄付を頂けました。
 台風19号が到来してから1ヶ月が経とうとしている今でも、僕の知合いの中には未だに浸水した家屋の片付けに追われている方がいます。僕は被災後まだ現地に赴いていませんが、SNSを通してでも復興にはまだまだ時間がかかる事が伝わってきます。時間の経過とともに災害の記憶は薄れて行きますが、被害のあった地域への思いを忘れないでいただけると嬉しいです。

学生有志募金活動 代表 山本優介(立命館大学経営学部経営学科2回生)
(news)20191108_2
日々の募金額と累計額のご報告
10/31(木) 1,919円(news)20191108_3
11/1(金)   2,352円
11/5(火)   2,630円
11/6(水)   2,648円
11/7(木) 10,443円
11/8(金) 23,512円

累計     43,504円

代表者挨拶

 僕はこの夏の一ヶ月間を、復興庁が主催する「復興創生インターン」の一環で福島県で過ごしました。大変な事もありましたが、毎日が刺激的で本当にたくさんの学びがありました。
 ですがその一ヶ月後、台風19号が日本に上陸し、日本各地で未曾有の大災害が起きました。そして追い打ちをかけるように発生した10月25日の豪雨で、更なる被害も出ています。僕が過ごした福島県も被災を受けた地域のひとつで、夏にお世話になった方々の中にも実際に被災された方が大勢いらっしゃいます。
 「今、自分ができる最善の事は何だろうか?」そう考えた結果、募金活動の実施を通して支援をさせてもらうことにしました。インターンで活動していた時に現地の皆さんから頂いた恩を、募金活動で全て返せるわけではありませんが、少しでもお世話になった方々の力になれたらと思っています。
 僕たちのように、被災地から遠く離れたところにいる学生にとっては、現地に対する思いがありながらも、実際に現地に赴いてボランティアをすることは経済的にも厳しいという人も多いと思います。
「何らかの形で貢献したいと思っているのになかなかできない」そう考えている方の思いを、今回募金活動を行うことでサポートできればと考えています。
 10 /31(木)~11/8(金)の学校の授業日に大阪いばらきキャンパスの食堂前で同学部の友人らと実施します。
被災地への思いを、一緒に届けましょう。

学生有志募金活動 代表 山本優介(立命館大学経営学部経営学科2回生)

活動概要

募金活動を行う期間と日時:
  2019年10月31日(木)~11月8日(金)までの
  授業実施日のお昼休み時間(12:20~13:00ごろ)
募金活動実施場所:
  立命館大学大阪いばらきキャンパス A棟とC棟の間(生協入り口周辺)
  *11/6(水)より、分林記念館1階でも開催します。

集まった募金の寄付先:
  一般社団法人 Bridge for Fukushima 【リンク
  今回の募金は、福島県伊達市災害ボランティアセンターの運営費や、
  被災された方の生活に必要な物資(暖房器具など)の確保のために活用されます。




※学内外での募金活動の実施を検討している場合は、各所属キャンパスのサービスラーニングセンターにご相談ください。
活動のために必要な学内での手続きの案内や、募金先の選び方、募金の集め方のアドバイス、活動にかかる備品や消耗品の貸出などの相談に応じます。

2019.10.17

令和元年台風19号のボランティアの参加を考えている学生・院生の皆さんへ


このたびの令和元年台風19号により、被害を受けられた皆さまへ謹んでお見舞い申し上げます。

被害が発生した地域では、土砂災害等による二次被害の危険性があります。
ボランティアへの参加を考えている方は、心身ともに万全の状態で参加できるかどうかを慎重に判断し、まずは自身の安全確保を最優先に考えてください。


現地でのボランティア活動は、自治体等が設置する「災害ボランティアセンター」及び「社会福祉協議会」がとりまとめを行っています。
ボランティアへ参加する場合は、以下の①~⑤に十分注意して参加してください。

①各地の災害ボランティアセンター等を通じて活動を行なうこと
災害ボランティアに参加する際は、大学もしくは被害が発生した地域の
「災害ボランティアセンター」や「社会福祉協議会」による募集情報を確認し参加してください。
参加にあたっては、移動手段を安全かつ十分に確保できるエリアであるかを確認の上参加してください。
参加条件、必要な装備、活動内容は被害地域の状況により異なります。
今後、多くの市民ボランティアが現地入りする場合が予想され、
参加しても必ずしもボランティアとして活動できるニーズがあるとは限りません。
事前に情報をよく確認の上で参加してください。

②ボランティア保険に加入したうえで活動すること
ボランティアに参加する際には、現地入りする前に
「ボランティア保険(基本コース)」に加入したうえで活動してください。
特定の活動については、全国社会福祉協議会のHPより、
ボランティア保険の加入手続きをWEB上で行うこともできます。
https://www.saigaivc.com/insurance/
(※加入料の支払いはクレジットカード決済のみ対応です。)

なお、活動当日に災害ボランティアセンターの窓口で加入することも可能ですが、
現地の負担軽減のためにも、事前の加入を推奨します。

③活動についての不明な点や不安な点がある場合は、大学の窓口に相談すること
大学では、サービスラーニングセンター、災害復興支援室等が連携して
今回の災害に関する情報収集を行なっています。
もし、団体・グループとして災害ボランティアに関わっていきたいと考えている場合や、
初めてボランティア活動に参加する場合などは、大学の各窓口へ相談してください。

④活動をする際の装備等の準備について
活動のための装備や活動中の食事については、募集情報にある指示に従い、すべて自分で確保できる状況を整えた上で、現地入りしてください。特に、がれきやガラスの破片から足を守る「踏み抜き防止長靴」はどの活動でも必須の装備となります。
踏み抜き防止長靴は、ホームセンターや工事現場等の作業者向け関連用品の専門店で購入(3,000円~)するか、通常のゴム長靴に「踏み抜き防止インソール」(中敷に鉄板が入ったもの・1,000円程度)を挿入することでも同様の効果が得られます。
装備については、こちらを参照ください。
【水害ボランティア作業マニュアル(NPO法人レスキューストックヤード)】
http://rsy-nagoya.com/volunteer/image/suigai-manual.pdf

災害に対するボランティアに参加する際の注意点は、下記のサイトが参考になります。
【これだけは知っておこう「災害支援ボランティア」(大阪ボランティア協会)】
http://www.osakavol.org/01/saigaibousai/introduction.html

【水害ボランティア予備知識(NPO法人レスキューストックヤード)】
http://rsy-nagoya.com/volunteer/volknowledge.html

⑤募金活動について
現地へのボランティアとして個人もしくは団体・グループとして募金活動を行いたいと
考えている場合などは、大学各窓口へまずは相談してください。

<ボランティアに関する大学内の相談・問合せ窓口>
 ◎衣笠キャンパス/朱雀キャンパスの方
  サービスラーニングセンター(衣笠)有心館1階 電話:075-465-1952
 ◎びわこくさつキャンパスの方
  サービスラーニングセンター(BKC)アドセミナリオ1階 電話:077-561-5910
 ◎大阪いばらきキャンパスの方
  サービスラーニングセンター(OIC)A棟1階AN事務室  電話:072-665-2195

<災害ボランティアセンター/ボランティア募集情報>※随時情報が更新されます。
 全国社会福祉協議会 被災地支援・災害ボランティア情報  https://www.saigaivc.com/
 京都市災害ボランティアセンター http://ksvc.jp/
 京都府災害ボランティアセンター http://fu-saigai-v.jp/
 滋賀県災害ボランティアセンター https://www.facebook.com/shiga.saigaivc/

<関連する本学の情報>
◆立命館災害復興支援室  http://www.ritsumei.ac.jp/fukkor/

2019.09.26

【募集】2019年度秋学期学生コーディネーター募集

サービスラーニングセンターは、学生の力を地域社会のニーズとつなぎ、学生の学びを深めるための支援に取り組んでいます。

そして、センターの学生スタッフである「学生コーディネーター」とともに、地域と学生をつなぐ活動を行っており、立命館大学生のボランティア活動を支援しています。

 

9月26日より、サービスラーニングセンターで一緒に活動をする学生コーディネーターを募集します。




学生コーディネーターの紹介は、紹介動画ガイドブックをご覧ください。

 

≫ 応募にあたっては、学生コーディネーター募集要項を必ずご確認ください

 募集要項はページ下部にリンクがあります。

 

≪ガイダンス情報≫

「活動について詳しい話を聴いてみたい」「他の活動と両立できるか、学生コーディネーターに相談したい」という方は、ぜひ各キャンパスで実施するガイダンスに参加してください。現役メンバーが、丁寧に活動紹介や質問対応します。内容は同じですので、所属キャンパスで、ご都合のよい日程にお越しください(事前申込不要)


【衣笠キャンパス】

日時:10月1日(火)、2日(水)、3日(木)、4日(金)

  8日(火)、9日(水)、10日(木)、11日(金)

時間:12:30~12:50

場所:1、8、10日(以学館IG405)/2、9日(敬学館KG106)

         3日(存心館ZS309)/ 4、11日(恒心館KS202)


【びわこ・くさつキャンパス】

日時:10月2日(水)、4日(金)、9日(水)、11日(金) 

時間:12:20~12:50

場所:アドセミナリオ209

 

【大阪いばらきキャンパス】

日時:10月2日(水)、4日(金)、7日(月)

時間:12:20~12:50

場所:A棟1階AN事務室内BBP

 

≫ガイダンスで説明する内容の概要版はこちら

 ≪募集内容詳細≫ ※2020年以降、学生コーディネーター制度の運用変更により活動条件が変わる可能性があります。

【活動内容】

◇本学の学生に対して、ボランティアや地域社会に貢献する活動を促進・支援する。

 

【資格】

◇立命館大学に在学中の学部生・院生であること。

 

【活動期間】

◇面接後、採用されてから、本学を卒業するまで。

 

【活動条件】

※11月2日(土)に研修を実施しますので、参加をお願いします。

◇活動キャンパスは所属キャンパスとなります。

◇年度末に行われる任命式および合宿研修は必須参加とします。

◇初年度以降、登録は自動的に継続されます。※1年ごとに継続の意思確認を行います。

◇学生コーディネーターの活動は原則としてボランティア(無償)です。事業の引率等を除き、交通費は支給しません。

 

【募集人数】

◇各キャンパス5名程度(キャンパスごとに募集)

 

【応募方法】

こちらのWEBフォームから応募。

(10/15 10:00までアクセス可能。RAINBOW IDとパスワードの入力が必要です。)

※応募完了後、自動返信メールをお送りしますので、内容を必ず確認してください。



【募集期間】

◇秋学期募集 2019年9月26日(木)10:00~ 10月15日(火)10:00まで

 

【選考】

◇応募フォーム提出後、日程調整を行い、面接の日程を決定します。なお、応募フォームに記載された志望動機や、面接内容をもとに選考を行います。選考は以下の観点を踏まえて総合的に評価します。

◎教養科目C群「社会で学ぶ自己形成科目(サービスラーニング科目)」を受講したことがある

(学部生の場合は受講の意思がある者を含む。院生は受講経験がなくても可)

◎学生と地域をつなぎ新たな力を生み出せるような中間支援(コーディネートすること)に興味がある

◎現在ないし過去にボランティアや社会貢献・地域活動を経験したことがあることが望ましい          

 

【採否通知】

◇採否の通知は、10月25日(金)を予定しています。

◇採否の通知は、manaba+Rで行います。

 

<こんな方を求めています!>

・ボランティアや地域活動の推進に意欲のある方

・サービスラーニングセンターの趣旨および学生コーディネーターの活動に賛同し、積極的に参画できる方

・地域や社会問題に関心を寄せ、それに対し積極的に取り組みたいと思っている方

・災害支援活動に携わりたいと思っている方

・人と話すのが好きな方

・ワード、エクセル等の基本的なパソコン操作能力を有する方

 

<上記をふまえた上で、さらにこんな特技をお持ちの方大歓迎!>

・広報物をデザインすることが得意な方

・イラストや文章を作成することが好きな方

・パソコンなどの機器に詳しい方

 

 

≫学生コーディネーター募集要項はこちら(必ず確認の上、応募ください)

≫募集チラシはこちら

衣笠キャンパス版BKC版 OIC版

 

【問合せ窓口:各キャンパスのサービスラーニングセンター】

衣笠 有心館1階 共通教育課内

BKC アドセミナリオ1階 共通教育課内

OIC A棟1階 AN事務室

窓口対応時間:10:00-17:00

メール:ritsvc@st.ritsumei.ac.jp


2019.09.26

2019年度秋学期学生コーディネーター募集【募集終了】

※2019年度の募集は終了致しました。次回は春学期を予定しています。
ご応募いただきありがとうございました。

サービスラーニングセンターは、学生の力を地域社会のニーズとつなぎ、学生の学びを深めるための支援に取り組んでいます。

そして、センターの学生スタッフである「学生コーディネーター」とともに、地域と学生をつなぐ活動を行っており、立命館大学生のボランティア活動を支援しています。

 

9月26日より、サービスラーニングセンターで一緒に活動をする学生コーディネーターを募集します。




学生コーディネーターの紹介は、紹介動画ガイドブックをご覧ください。

 

≫ 応募にあたっては、学生コーディネーター募集要項を必ずご確認ください

 募集要項はページ下部にリンクがあります。

 

≪ガイダンス情報≫

「活動について詳しい話を聴いてみたい」「他の活動と両立できるか、学生コーディネーターに相談したい」という方は、ぜひ各キャンパスで実施するガイダンスに参加してください。現役メンバーが、丁寧に活動紹介や質問対応します。内容は同じですので、所属キャンパスで、ご都合のよい日程にお越しください(事前申込不要)


【衣笠キャンパス】

日時:10月18日(金)、21日(月)

時間:12:30~12:50

場所:18日(敬学館IG106)/21日(存心館ZS306)

 

 

≫ガイダンスで説明する内容の概要版はこちら

 ≪募集内容詳細≫ ※2020年以降、学生コーディネーター制度の運用変更により活動条件が変わる可能性があります。

【活動内容】

◇本学の学生に対して、ボランティアや地域社会に貢献する活動を促進・支援する。

 

【資格】

◇立命館大学に在学中の学部生・院生であること。

 

【活動期間】

◇面接後、採用されてから、本学を卒業するまで。

 

【活動条件】

※11月2日(土)に研修を実施しますので、参加をお願いします。

◇活動キャンパスは所属キャンパスとなります。

◇年度末に行われる任命式および合宿研修は必須参加とします。

◇初年度以降、登録は自動的に継続されます。※1年ごとに継続の意思確認を行います。

◇学生コーディネーターの活動は原則としてボランティア(無償)です。事業の引率等を除き、交通費は支給しません。

 

【募集人数】

◇衣笠キャンパス 数名

◇OICキャンパス 若干名

 

【応募方法】

こちらのWEBフォームから応募。

(10/23 9:00までアクセス可能。RAINBOW IDとパスワードの入力が必要です。)

※応募完了後、自動返信メールをお送りしますので、内容を必ず確認してください。



【募集期間】

◇秋学期募集 2019年9月26日(木)10:00~ 10月23日(水)9:00まで

 

【選考】

◇応募フォーム提出後、日程調整を行い、面接の日程を決定します。なお、応募フォームに記載された志望動機や、面接内容をもとに選考を行います。選考は以下の観点を踏まえて総合的に評価します。

◎教養科目C群「社会で学ぶ自己形成科目(サービスラーニング科目)」を受講したことがある

(学部生の場合は受講の意思がある者を含む。院生は受講経験がなくても可)

◎学生と地域をつなぎ新たな力を生み出せるような中間支援(コーディネートすること)に興味がある

◎現在ないし過去にボランティアや社会貢献・地域活動を経験したことがあることが望ましい          

 

【採否通知】

◇採否の通知は、面接日によって10月25日~29日の間に行います。

◇採否の通知は、manaba+Rで行います。

 

<こんな方を求めています!>

・ボランティアや地域活動の推進に意欲のある方

・サービスラーニングセンターの趣旨および学生コーディネーターの活動に賛同し、積極的に参画できる方

・地域や社会問題に関心を寄せ、それに対し積極的に取り組みたいと思っている方

・災害支援活動に携わりたいと思っている方

・人と話すのが好きな方

・ワード、エクセル等の基本的なパソコン操作能力を有する方

 

<上記をふまえた上で、さらにこんな特技をお持ちの方大歓迎!>

・広報物をデザインすることが得意な方

・イラストや文章を作成することが好きな方

・パソコンなどの機器に詳しい方

 

 

≫学生コーディネーター募集要項はこちら(必ず確認の上、応募ください)

≫募集チラシはこちら

衣笠キャンパス版

 

【問合せ窓口:各キャンパスのサービスラーニングセンター】

衣笠 有心館1階 共通教育課内

BKC アドセミナリオ1階 共通教育課内

OIC A棟1階 AN事務室

窓口対応時間:10:00-17:00

メール:ritsvc@st.ritsumei.ac.jp


2019.04.08

4164272019年度シチズンシップ・スタディーズⅠ 受講許可発表について

2019年度シチズンシップ・スタディーズⅠ

講許可者一覧は こちら からご確認ください。


※受講許可者は、各プロジェクトの受講前ガイダンスへ参加してください。

日時場所については 受講ガイド また、manaba+Rの個人への通知にてお知らせしています。

2019.04.08

【募集終了】2019年度春学期学生コーディネーター募集(BKC・OICのみ)

サービスラーニングセンターは、学生の力を地域社会のニーズとつなぎ、学生の学びを深めるための支援に取り組んでいます。

そして、センターの学生スタッフである「学生コーディネーター」とともに、地域と学生をつなぐ活動を行っており、立命館大学生のボランティア活動を支援しています。

 

4月8日より、サービスラーニングセンターで一緒に活動をする学生コーディネーターを募集します。


追加募集実施!


びわこ・くさつキャンパス、および、大阪いばらきキャンパスでは追加募集を行います。(~5/16まで!)

この機会を逃すと、次の募集は秋学期開始時です。



学生コーディネーターの紹介は、紹介動画ガイドブックをご覧ください。

 

≫ 応募にあたっては、学生コーディネーター募集要項を必ずご確認ください

 募集要項はページ下部にリンクがあります。

 

≪ガイダンス情報≫

「活動について詳しい話を聴いてみたい」「他の活動と両立できるか、学生コーディネーターに相談したい」という方は、ぜひ各キャンパスで実施するガイダンスに参加してください。現役メンバーが、丁寧に活動紹介や質問対応します。内容は同じですので、所属キャンパスで、ご都合のよい日程にお越しください(事前申込不要)


【びわこ・くさつキャンパス】

日時:5月14日(火) お昼休み・3限・4限

(いずれも同内容です。都合の良い時間に参加してください。)

場所:アドセミナリオ1階 共通教育課

 

【大阪いばらきキャンパス】

日時:5月14日(火) お昼休み

場所:Room6


※【衣笠キャンパス】では追加募集の実施はありません。

 

≫ガイダンスで説明する内容の概要版はこちら

 ≪募集内容詳細≫

【活動内容】

◇本学の学生に対して、ボランティアや地域社会に貢献する活動を促進・支援する。

 

【資格】

◇立命館大学に在学中の学部生・院生であること。

 

【活動期間】

◇面接後、採用されてから、本学を卒業するまで。

 

【活動条件】

※6月1日(土)15時~18時に研修を実施しますので、参加をお願いします。

◇活動キャンパスは所属キャンパスとなります。

◇年度末に行われる任命式および合宿研修は必須参加とします。

◇初年度以降、登録は自動的に継続されます。※1年ごとに継続の意思確認を行います。

◇学生コーディネーターの活動は原則としてボランティア(無償)です。事業の引率等を除き、交通費は支給しません。

 

【募集人数】

◇各キャンパス5名程度(キャンパスごとに募集)

◆春学期追加募集 びわこ・くさつキャンパス 3名程度

         大阪いばらきキャンパス  1名程度

 

【応募方法】

こちらのWEBフォームから応募。

(5/16 17:00までアクセス可能。RAINBOW IDとパスワードの入力が必要です。)

※応募完了後、自動返信メールをお送りしますので、内容を必ず確認してください。



【募集期間】

◇春学期募集 2019年4月8日(月)10:00~ 5月7日(火)17:00まで

◆春学期追加募集 2019年5月10日(金)~ 5月16日(木)17:00まで

 

【選考】

◇応募フォーム提出後、日程調整を行い、面接の日程を決定します。なお、応募フォームに記載された志望動機や、面接内容をもとに選考を行います。選考は以下の観点を踏まえて総合的に評価します。

◎教養科目C群「社会で学ぶ自己形成科目(サービスラーニング科目)」を受講したことがある

(学部生の場合は受講の意思がある者を含む。院生は受講経験がなくても可)

◎学生と地域をつなぎ新たな力を生み出せるような中間支援(コーディネートすること)に興味がある

◎現在ないし過去にボランティアや社会貢献・地域活動を経験したことがあることが望ましい          

 

【採否通知】

◇採否の通知は、5月27日(月)を予定しています。

◇採否の通知は、manaba+Rで行います。

 

<こんな方を求めています!>

・ボランティアや地域活動の推進に意欲のある方

・サービスラーニングセンターの趣旨および学生コーディネーターの活動に賛同し、積極的に参画できる方

・地域や社会問題に関心を寄せ、それに対し積極的に取り組みたいと思っている方

・災害支援活動に携わりたいと思っている方

・人と話すのが好きな方

・ワード、エクセル等の基本的なパソコン操作能力を有する方

 

<上記をふまえた上で、さらにこんな特技をお持ちの方大歓迎!>

・広報物をデザインすることが得意な方

・イラストや文章を作成することが好きな方

・パソコンなどの機器に詳しい方

 

 

≫学生コーディネーター募集要項はこちら(必ず確認の上、応募ください)

≫募集チラシはこちら

衣笠キャンパス版BKC版 OIC版

 

【問合せ窓口:各キャンパスのサービスラーニングセンター】

衣笠 有心館1階 共通教育課内

BKC アドセミナリオ1階 共通教育課内

OIC A棟1階 AN事務室

窓口対応時間:10:00-17:00

メール:ritsvc@st.ritsumei.ac.jp


2019.03.22

2019年度サービスラーニング科目選考登録について

以下の通り、2019年度サービスラーニング科目の選考登録を実施します。
科目概要、シラバス、受講ガイド等を確認の上、必要事項を入力しエントリーしてください。

■シチズンシップ・スタディーズ I
エントリー期間:2019年3月22日(金)10:00~4月8日(月)11:00
選考結果発表:4月8日(金)17:00 サービスラーニングセンター窓口・HPにて
詳細はこちらを確認してください。

■全学インターンシップ
エントリー期間:4月11日(木)10:00~4月22日(月)11:00
選考結果発表:4月26日(金)13:00 サービスラーニングセンター窓口・HPにて
詳細はこちらを確認してください。

2018.10.18

【募集終了】2018年度秋学期学生コーディネーター募集(BKC・OICのみ)

サービスラーニングセンターは、学生の力を地域社会のニーズとつなぎ、学生の学びを深めるための支援に取り組んでいます。

そして、センターの学生スタッフである「学生コーディネーター」とともに、地域と学生をつなぐ活動を行っており、立命館大学生のボランティア活動を支援しています。

 

9月26日(水)より、サービスラーニングセンターで一緒に活動をする学生コーディネーターを募集します。

BKC、OICでは追加募集を行います。(衣笠キャンパスでは追加募集は行いません)


学生コーディネーターの紹介は、紹介動画ガイドブックをご覧ください。

 

≫ 応募にあたっては、学生コーディネーター募集要項を必ずご確認ください

 募集要項はページ下部にリンクがあります。

 

≪ガイダンス情報≫

「活動について詳しい話を聴いてみたい」「他の活動と両立できるか、学生コーディネーターに相談したい」という方は、ぜひ各キャンパスで実施するガイダンスに参加してください。現役メンバーが、丁寧に活動紹介や質問対応します。内容は同じですので、所属キャンパスで、ご都合のよい日程にお越しください(事前申込不要)


【衣笠キャンパス】 ※追加募集は実施しません。
1.存心館ZS307での実施日
 9月27日(木)、10月1日(月)、10月2日(火)
 10月3日(水)、10月5日(木)

2.諒友館RY302での実施日
 10月9日(火)、10月11日(木)、10月12日(金)

時間:全日程 12:20~12:50

【BKC】

 9月26日(水)~10月12日(金)

 10月19日(金)~10月25日(木)

※土日祝日を除く


場所:全日程 アドセミナリオ1階 共通教育課 にて実施します。

時間:全日程 12:20~12:50

 

【OIC】※追加募集では、ガイダンス実施予定なし。

9月28日(金) 12:20〜12:50
10月3日(水) 12:20〜12:50、4限
10月4日(木) BBPイベント参加
10月5日(金) 12:20〜12:50、4限
10月10日(水)12:20〜12:50、4限
10月12日(金)12:20〜12:50、4限

場所:AN事務室内BBP(10月5日12:20~12:50のみRoom4)


≫ガイダンスで説明する内容の概要版はこちら

 ≪募集内容詳細≫

【活動内容】

◇本学の学生に対して、ボランティアや地域社会に貢献する活動を促進・支援する。

 

【資格】

◇立命館大学に在学中の学部生・院生であること。

 

【活動期間】

◇面接後、採用されてから、本学を卒業するまで。

 

【活動条件】

※11月3日(土)12時30分~15時30分に研修を実施しますので、参加をお願いします。

◇活動キャンパスは所属キャンパスとなります。

◇年度末に行われる任命式および合宿研修は必須参加とします。

◇初年度以降、登録は自動的に継続されます。※1年ごとに継続の意思確認を行います。

◇学生コーディネーターの活動は原則としてボランティア(無償)です。事業の引率等を除き、交通費は支給しません。

 

【募集人数】

◇各キャンパス3名程度(キャンパスごとに募集)

 

【応募方法】

こちらのWEBフォームから応募。

※応募完了後、サービスラーニングセンターより、面接日時の調整連絡を応募時に入力いただいたメールアドレス宛に送りますので、必ず確認してください。


【募集期間】

◇秋学期募集 2018年9月26日(水)10:00~10月15日(月)10:00まで

◇追加募集  2018年10月19日(金)10:00~10月25日(木)17:00まで

 

【選考】

◇応募フォーム提出後、日程調整を行い、面接の日程を決定します。なお、応募フォームに記載された志望動機や、面接内容をもとに選考を行います。選考は以下の観点を踏まえて総合的に評価します。

◎教養科目C群「社会で学ぶ自己形成科目(サービスラーニング科目)」を受講したことがある

(学部生の場合は受講の意思がある者を含む。院生は受講経験がなくても可)

◎学生と地域をつなぎ新たな力を生み出せるような中間支援(コーディネートすること)に興味がある

◎現在ないし過去にボランティアや社会貢献・地域活動を経験したことがあることが望ましい          

 

【採否通知】

◇採否の通知は、10月19日(金)を予定しています。

 追加募集の採否の通知は、10月31日(水)を予定しています。

◇採否の通知は、manabaで行います。

 

<こんな方を求めています!>

・ボランティアや地域活動の推進に意欲のある方

・サービスラーニングセンターの趣旨および学生コーディネーターの活動に賛同し、積極的に参画できる方

・地域や社会問題に関心を寄せ、それに対し積極的に取り組みたいと思っている方

・災害支援活動に携わりたいと思っている方

・人と話すのが好きな方

・ワード、エクセル等の基本的なパソコン操作能力を有する方

 

<上記をふまえた上で、さらにこんな特技をお持ちの方大歓迎!>

・広報物をデザインすることが得意な方

・イラストや文章を作成することが好きな方

・パソコンなどの機器に詳しい方

 

 

≫学生コーディネーター募集要項はこちら(必ず確認の上、応募ください)

≫募集チラシはこちら(通常募集版)

衣笠キャンパス版BKC版 OIC版

 

【問合せ窓口:各キャンパスのサービスラーニングセンター】

衣笠 有心館1階 共通教育課内

BKC アドセミナリオ1階 共通教育課内

OIC A棟1階 AN事務室

窓口対応時間:10:00-17:00

メール:ritsvc@st.ritsumei.ac.jp


2018.10.28

【募集終了】「湖上で学ぶ!琵琶湖体感・体験クルーズ」(10/28)

「湖上で学ぶ! 琵琶湖体感・体験クルーズ」 募集終了しました。

 ※本プログラムは、滋賀県が主催し、立命館大学BKC地域連携課およびサービスラーニングセンターが協力しています。
申し込みや、プログラム内容に関するお問合せは、ページ下部の問い合わせ先(滋賀県琵琶湖保全再生課)までお願いします。 

 琵琶湖は約400万年の歴史を持つ世界有数の古代湖であり、近畿圏約1,450万人の水資源としてだけではなく、固有種を含む豊かな生態系を育み、その周りに住む人たちによって固有の文化や景観が形成されるなど、多様な価値を持っています。
 今回の企画では、琵琶湖の水源である森について学び、長浜城の城下町として栄え現在も商店街を中心に活発なまちづくりがされている長浜を訪れ、そして琵琶湖を船で縦断しながら琵琶湖を肌で感じる体験を行います。 

県内のキャンパスで学ぶ立命館大学生の皆さん!この機会に滋賀・琵琶湖の魅力を一緒に体感・体験してみませんか?


○開催日時
 2018年10月28日(日)9:00-17:10
 集合 9:00 立命館大学BKCアクロスウィング前

○参加費 
 無料(昼食代1,200円 各自ご負担ください。 )

○定員
 60名 ※定員に達し次第募集を締め切りさせていただきます。


【参加申込方法】 募集終了しました
 事前申込みが必要です!
 参加者の「氏名」「学生証番号」を明記の上、
 biwako-es@pref.shiga.lg.jp(チラシのQRコード参照)までメールにてお申込ください。
(ご提供いただいた情報は、当事業にかかる用務以外には利用しません。)

【注意事項】
 ◎なるべく携帯メールからお申込ください。荒天の場合等、皆様に連絡させていただきます。
 ◎メールは、「pref.shiga.lg.jp」からの案内を受信可能な状態にしておいてください。
 
アレルギーや行動の制限等、特に配慮が必要な事項がある場合は、お申込の際にお伝えください。
 
森の散策、船上での軽作業がありますので、動きやすい服装・履物(運動靴等)でご参加ください。

チラシは こちら

<当日のスケジュール>
9:00   集合 立命館大学BKC「アクロスウィング」前

11:00 奥びわ湖 山門水源の森  ①琵琶湖の水源の森を散策しよう!
    *「山門水源の森を次の世代に引き継ぐ会」の方から、森の生態系、希少な生物、保護状況、森林の役割について
      聞きながら湿原散策
     ◆◆昼食は地元の食材を使った弁当◆◆

13:20 長浜駅前 観光バス乗降所 ②長浜のまちづくりを見てみよう!
    *地域ガイドによる長浜まち歩き

14:20 長浜港 ③船に乗って琵琶湖を感じよう!
    *南湖・北湖の透明度の調査・沖島付近を周遊
     
17:10 到着・解散 立命館大学BKC

※当日の進行により、発着時間に変更が生じる可能性があります。


【問合せ先】 

 滋賀県琵琶湖保全再生課(担当:田中)
  TEL:077-528-3453
  biwako-es@pref.shiga.lg.jp
      

2018.07.13

「平成30年7月豪雨」のボランティアの参加を考えている学生・院生の皆さんへ


このたびの西日本を中心とした記録的な豪雨により、被害を受けられた皆さまへ謹んでお見舞い申し上げます。

被害が発生した地域では土砂災害等による二次被害の危険性があります。また、厳しい暑さが予想されることから、熱中症になる危険性もあります。
ボランティアへの参加を考えている方は、心身ともに万全の状態で参加できるかどうかを慎重に判断し、まずは自身の安全確保を最優先に考えてください。


現地でのボランティア活動は、自治体等が設置する「災害ボランティアセンター」及び「社会福祉協議会」がとりまとめを行っています。
ボランティアへ参加する場合は、以下の①~⑤に十分注意して参加してください。

①各地の災害ボランティアセンター等を通じて活動を行なうこと
災害ボランティアに参加する際は、大学もしくは被害が発生した地域の
「災害ボランティアセンター」や「社会福祉協議会」による募集情報を確認し参加してください。
参加にあたっては、移動手段を安全かつ十分に確保できるエリアであるかを確認の上参加してください。
参加条件、必要な装備、活動内容は被害地域の状況により異なります。
今後も多くの市民ボランティアが現地入りする場合が予想され、
参加しても必ずしもボランティアとして活動できるニーズがあるとは限りません。
事前に情報をよく確認の上で参加してください。

②ボランティア保険に加入したうえで活動すること
ボランティアに参加する際には、現地入りする前に
「ボランティア保険(基本コース)」に加入したうえで活動してください。
保険の加入は、できるだけ活動を行う前日までにこちらのページから申請してください。
(立命館災害復興支援室がとりまとめをしている、ボランティア保険加入用のページにリンクしています)
なお、活動当日に災害ボランティアセンターの窓口で加入することも可能ですが、
現地の負担軽減のためにも、事前の加入を推奨します。

③活動についての不明な点や不安な点がある場合は、大学の窓口に相談すること
大学では、サービスラーニングセンター、災害復興支援室等が連携して
今回の災害に関する情報収集を行なっています。
もし、団体・グループとして災害ボランティアに関わっていきたいと考えている場合や、
初めてボランティア活動に参加する場合などは、大学の各窓口へ相談してください。

④活動をする際の装備等の準備について
活動のための装備や活動中の食事については、募集情報にある指示に従い、すべて自分で確保できる状況を整えた上で、現地入りしてください。特に、がれきやガラスの破片から足を守る「踏み抜き防止長靴」はどの活動でも必須の装備となります。
踏み抜き防止長靴は、ホームセンターや工事現場等の作業者向け関連用品の専門店で購入(3,000円~)するか、通常のゴム長靴に「踏み抜き防止インソール」(中敷に鉄板が入ったもの・1,000円程度)を挿入することでも同様の効果が得られます。
装備については、こちらを参照ください。
【水害ボランティア作業マニュアル(NPO法人レスキューストックヤード)】
http://rsy-nagoya.com/volunteer/image/suigai-manual.pdf

災害に対するボランティアに参加する際の注意点は、下記のサイトが参考になります。
【これだけは知っておこう「災害支援ボランティア」(大阪ボランティア協会)】
http://www.osakavol.org/01/saigaibousai/introduction.html

【水害ボランティア予備知識(NPO法人レスキューストックヤード)】
http://rsy-nagoya.com/volunteer/volknowledge.html

⑤募金活動について
現地へのボランティアとして個人もしくは団体・グループとして募金活動を行いたいと
考えている場合などは、大学各窓口へまずは相談してください。

<ボランティアに関する大学内の相談・問合せ窓口>
 ◎衣笠キャンパス/朱雀キャンパスの方
  サービスラーニングセンター(衣笠)有心館1階 電話:075-465-1952
 ◎びわこくさつキャンパスの方
  サービスラーニングセンター(BKC)アドセミナリオ1階 電話:077-561-5910
 ◎大阪いばらきキャンパスの方
  サービスラーニングセンター(OIC)A棟1階AN事務室  電話:072-665-2195

<災害ボランティアセンター/ボランティア募集情報>※随時情報が更新されます。
 全国社会福祉協議会 被災地支援・災害ボランティア情報  https://www.saigaivc.com/
 京都市災害ボランティアセンター http://ksvc.jp/
 京都府災害ボランティアセンター http://fu-saigai-v.jp/
 滋賀県災害ボランティアセンター https://www.facebook.com/shiga.saigaivc/

<関連する本学の情報>
◆立命館災害復興支援室  http://www.ritsumei.ac.jp/fukkor/

2018.07.12

【募集終了】平成30年7月豪雨にかかるボランティア募集

※募集は終了しました。※

今後の予定については、京都市災害ボランティアセンターHPをご覧ください。
また、他にも災害支援に関するボランティア活動の募集情報があります。
詳しくは立命館災害復興支援室のサイトでご確認ください。


この度、京都市災害ボランティアセンターより、平成30年7月豪雨にかかる
被災地支援ボランティアについての募集情報がありましたのでお知らせします。

参加を希望される方は、以下募集要項等をよく読んだ上、各自で申し込みを行ってください。
なお、活動日は授業実施日、統一補講日を含みます。
本活動への参加を理由とした、授業の欠席等への配慮はありませんのでご注意ください。


◆活動概要

日時:平成30年7月14日(土)、15日(日)、16日(月・祝)
    各日7:30集合、18時ごろ解散予定(集合・解散は京都駅)
活動先:福知山市内(予定)
活動内容:一般家屋の泥だし、家財の搬出等(現地の状況に応じ調整)


◆募集概要

募集対象:京都市内に在住もしくは通学・通勤先のある18歳以上の方
   ※立命館大学の在学生であれば、所属キャンパスは問いません。
   ※20歳未満の場合は、保護者の承認が必要。
募集人数:各日15名程度
募集締切:各日、活動日前日の正午まで(定員に達し次第終了)

詳しい情報は、以下を必ずご確認ください
募集要項


◆申し込み方法

申し込み書式に必要事項を記入の上、
京都市災害ボランティアセンター(下記)へ
FAXにて送付、もしくは電話にて申し込み


◆申し込み書式

PDF版   WORD版


◆申し込み・問い合わせ先

京都市災害ボランティアセンター
〒600-8127 京都市下京区河原町通五条下る東側「ひと・まち交流館 京都」内
電話:075-354-8728
FAX:075-354-8727
メール:office@ksvc.jp


※なお、本募集以外にも、災害支援に関するボランティア活動の募集情報があります。

詳しくは立命館災害復興支援室のサイトでご確認ください。



18.06.22

「大阪府北部を震源とする地震」のボランティアの参加を考えている学生・院生の皆さんへ(2018年6月22日更新)

6月18日(月)に発生した大阪府北部を震源とした地震におきまして、
被害を受けられた皆さまへ謹んでお見舞い申し上げます。

大阪いばらきキャンパスも今回の地震の被害を受けており、
一部施設の復旧および建物の安全確認のため<6月19日(火)から24日(日)>の期間、
大阪いばらきキャンパス内への学生、一般の方々の立ち入りを禁止しています。

現地でのボランティア活動については、
自治体等が設置する「災害ボランティアセンター」及び「社会福祉協議会」がとりまとめを行っています。
大阪いばらきキャンパスのある茨木市また近隣市町村においても
災害ボランティアセンターの設置が確認されています。
社会福祉協議会のホームページ等で情報をご確認ください。

★現在も、余震・土砂災害等による二次被害の危険性があります。
ボランティアへの参加を検討する場合、心身ともに万全の状態で参加できるかどうかを慎重に判断し、
自身の安全確保を最優先に考えてください。

ボランティアへ参加する場合は、以下の①~⑤に十分注意して参加してください。

①各地の災害ボランティアセンター等を通じて活動を行なうこと
災害ボランティアに参加する際は、大学もしくは被害が発生した地域の
「災害ボランティアセンター」や「社会福祉協議会」による募集情報を確認し参加してください。
参加にあたっては、移動手段を安全かつ十分に確保できるエリアであるかを確認の上参加してください。
参加条件、必要な装備、活動内容は被害地域の状況により異なります。
今後も多くの市民ボランティアが現地入りする場合が予想され、
参加しても必ずしもボランティアとして活動できるニーズがあるとは限りません。
事前に情報をよく確認の上で参加してください。

②ボランティア保険に加入したうえで活動すること
ボランティアに参加する際には、現地入りする前に
「ボランティア保険(天災コース)」に加入したうえで活動してください。
保険の加入は、できるだけ活動を行う前日までに以下の災害復興支援室のページから申請してください。
なお、活動当日に災害ボランティアセンターの窓口で加入することも可能ですが、
現地の負担軽減のためにも、こちらのページからの加入を推奨します。

③活動についての不明な点や不安な点がある場合は、大学の窓口に相談すること
大学では、サービスラーニングセンター、災害復興支援室等が連携して
今回の災害に関する情報収集を行なっています。
もし、団体・グループとして災害ボランティアに関わっていきたいと考えている場合や、
初めてボランティア活動に参加する場合などは、大学の各窓口へ相談してください。

④活動をする際の装備等の準備について
活動のための装備や活動中の食事については、
募集情報にある指示に従いすべて自分で確保できる状況を整えた上で、現地入りしてください。

災害に対するボランティアに参加する際の注意点は、下記のサイトが参考になります。

⑤募金活動について
現地へのボランティアとして個人もしくは団体・グループとして募金活動を行いたいと
考えている場合などは、大学各窓口へまずは相談してください。

※こちらも確認ください。

<ボランティアに関する大学内の相談・問合せ窓口>
◎衣笠キャンパス/朱雀キャンパスの方
サービスラーニングセンター(衣笠)有心館1階 電話:075-465-1952
◎びわこくさつキャンパスの方
サービスラーニングセンター(BKC)アドセミナリオ1階 電話:077-561-5910
◎大阪いばらきキャンパスの方
サービスラーニングセンター(OIC)A棟1階AN事務室  電話:072-665-2195
※OICは、6月19日(火)から24日(日)は来室対応不可。

<災害ボランティアセンター/ボランティア募集情報>※随時情報が更新されます。

<茨木市における災害ボランティア募集情報>
災害ボランティア募集チラシはこちら

<関連する本学の情報>
◆立命館災害復興支援室   大阪府北部を震源とする地震への対応
◆立命館大学父母教育懇談会 大阪府北部を震源とした地震にかかわって
◆立命館大学校友会      大阪府北部地震について