ニュース

【参加者募集】9/3-9/10被災地へのボランティアバス「いわてGINGA-NET 夏銀河2013」

被災地へのボランティアバス「いわてGINGA-NET 夏銀河2013」

実施期間
2013年9月3日(火)~10日(火)

申込期間
2013年7月11日(木)~7月26日(金)11:30

立命館大学では、この夏、みなさんが直接現地へ向かい、支援活動を行うことをサポートする一環として、ボランティアプログラムを実施します。そのひとつとして、「いわてGINGA-NET夏銀河2013」と連携したプロジェクトを行います。
2011年3月11日に発生した大震災は、死者15,883人、行方不明者2,671人(2013年6月10日時点、警察庁まとめ)という大きな被害をもたらしました。避難生活者は298,033人(2013年6月18日時点、復興庁まとめ)となっており、まだまだ長期的に様々な支援が必要です。
 一方、震災から2年以上が経ったいまも、この未曾有の被害に対し力になりたいという学生が数多くいます。また大学等も夏季休暇に向けて、学生の活動を応援しようという機運が強く残っています。
 こうした被災地の要支援ニーズと学生のボランティアニーズを効果的に結びつけるために、岩手の県立大学、社会福祉協議会と、県外のNPOが連携し、「いわてGINGA-NETプロジェクト」は結成されました。
 具体的には、岩手県南部沿岸地域にアクセスのよい住田町を宿泊拠点として、岩手県内各地でのボランティア活動に参加する仕組みを、ネットワークを組んで進めていこう!という取り組みです。
企画・運営にあたっては、NPO法人いわてGINGA-NETが県内外の大学や企業、公益法人などと連携して、ボランティア活動プログラム開発、マッチングや宿泊サポート、学生ボランティアの募集、送り出しを行います。このプロジェクトに立命館大学が参加し、今回のボランティアバスを実施します。
夏季休暇中に震災復興支援活動に関わりたいと考えているみなさんの、積極的な応募をお待ちしています。

立命館大学 サービスラーニングセンター


実施概要                                                                       
日程: 2013年9月3日(火)~10日(火)
場所: 岩手県沿岸南部を中心とした地域 (宿泊:住田町)
内容:
応急仮設住宅でのお茶っこサロン
    応急仮設住宅での子どもの居場所支援、学習支援
学校等での学習支援
    その他、イベント支援、漁業支援  など
参加費用: 19,100円(ボランティア保険(天災Bプラン1,100円)費込)
        ※参加費は選考結果発表時にお渡しする振込み用紙を使い振込みをしてください。


応募要項                                                                      
募集期間: 2013年7月11日(木)から2013年7月26日(金) 11:30まで
募集人数: 25名
参加対象: 本学の学生(大学院生含む)
応募条件: 事前事後学習に参加できる方
・チームワークを大切にし、コミュニケーションを楽しくとれる方
・心身ともに健康で体力面での不安がない方
・自発的な意志と責任で活動に主体的に参加できる方

事前学習: 8月30日(金)2限目(10:40~12:10)諒友館821
事後学習: 9月24日(火)5限目(16:20~17:50)諒友館821


応募方法: 募集要項を熟読の上、下記URLにアクセスし必要事項を記入して送信してください。
 パソコン・スマホ用エントリーフォーム
 携帯電話用エントリーフォーム
※エントリーフォームに記入された内容に基づき、選考を行います。

選考結果発表: 7月31日(水) から8月5日(月)にサービスラーニングセンターに掲出します(ウェブサイトでは発表しません)。

募集要項はこちらから


 
問い合わせ先
サービスラーニングセンター:
<衣笠>学而館1階075-465-1952 / <BKC>セントラルアーク2階 077-561-5910
E-mail ritsvc@st.ritsumei.ac.jp
FAX 075-465-1982