震災支援

2011年度

【募集修了】被災地支援活動「復興・創生インターン」について(春期休暇中)

日時 2017年2月、3月に随時開催(説明会は2017年1月10日)
場所 宮城県気仙沼市、石巻市、女川町岩手県大船渡市、釜石市ほか
備考 申し込み後、選考を行う
東日本大震災から、まもなく6年。被災地では多くの新たなチャレンジが生まれています。
復興のダイナミズムを感じながら、1か月間本気で経営者と一緒にチャレンジしてみませんか。震災後に被災地に移住したコーディネーターが現地での生活と地元の熱い方々との出会いをサポートします。

============================
「復興・創生インターン」に興味のある学生に向けて、主催の復興庁の方にお越しいただき、説明会を開催します。

「震災の時は中学生で被災地に行けなかったけど、今なら。」と考えている大学生のみなさん。復興の現場では今まさに、インターン生の活力、アイディア、行動力が求められています!春休みに宮城・岩手の企業にインターンをしてみませんか?
この説明会では、「復興・創生インターン」の特徴である、①被災地に長期滞在(3~6週間)すること、②被災地の企業へ企画提案を行う実践型であることの意義をご紹介します。
被災地企業が抱える、新商品開発、販路開拓、魅力的な企業・地域づくりなどの課題の解決に向けて、ホンキで取り組み、被災地にあなたにしか残せない価値を残してみたいと考えている大学生の参加をお待ちしています。

■説明会日時
2017年1月10日(火)12時20分~50分
■開催場所 
※キャンパスをテレビでつないで実施します。復興庁の方は、衣笠キャンパスにお越しです。
衣笠キャンパス 洋洋館973
BKC コラーニングⅠ 107
OIC AC730
============================

■インターン概要
【実施地域】宮城県気仙沼市、石巻市、女川町岩手県大船渡市、釜石市ほか

【実施期間】2017年2月上旬~3月下旬(地区ごとに3週間~約1ヶ月半を予定)

【宿泊先】現地のシェアハウス、ゲストハウス等を予定

【主催団体】一般社団法人まるオフィス、合同会社巻組NPO法人アスヘノキボウ、NPO法人wiz

【インターンスケジュール】
1週目:現場体験を通した企業・業界・市場研究、課題抽出
2週目:アンケート・ヒアリング調査など、ミッションに応じた調査活動
3週目:課題解決のための企画・立案
4週目:立案した企画の実施、結果のとりまとめ・最終報告
※上記は参考であり、企業によって異なります。

【現地での生活について】
宿泊先について:
基本的に現地コーディネーターにて手配します。
現地までの移動費用について:
定額を補助します。補助額についてはクールごとに異なります。
その他費用について:
食事代は基本的に自己負担です。自炊等の可否はクールごとに異なります。

【活動プログラム詳細】
詳細や活動プログラムについては、復興庁HPの募集要項より確認ください。

【選考について】
申し込み後に、復興庁宮城復興局若しくは現地コーディネート団体よりエントリーシート を送付しますので、内容記載の上、ご返送ください。 その後、電話やスカイプ等での⾯談を経て、参加可否を決定します。

【応募締め切り】
2016年1月13日(金)10時まで(厳守)

【申し込み方法】
こちらから申し込み用紙をダウンロードして、立命館大学サービスラーニングセンター:ritsvc@st.ritsumei.ac.jpまでメール送付ください。
その際、件名は「【応募】復興・創生インターン(春期)」としていただきますようお願いします。
※活動プログラム詳細(募集要項)には復興庁に直接申し込みと記載ありますが、立命館大学で取りまとめて応募しますので、ご注意ください。

復興・創生インターンパンフレット

復興・創生インターンの募集要項

■問い合わせ
立命館大学サービスラーニングセンター(担当:高橋、木村)
復興庁宮城復興局復興・創生インターン担当 022-266-2251(篠原、常盤)