• CULTURE

  • メニューを開くメニューを閉じる

  1. home
  2. CULTURE 団体紹介
  3. えん罪救済センター学生ボランティア

えん罪救済センター学生ボランティア

活動内容

目標:自分たちのみで、講演会の企画から、運営までを行う
年間スケジュール:
4月 新歓
6月 シンポジウム
8月 刑務所見学

活動場所

朱雀キャンパス他

活動日

衣笠 不定期 書類整理などのボランティア
OIC 2ヵ月に1回 学習会

主な活動

●えん罪救済センターとニューヨーク大学合同シンポジウムとして『冤罪を生まない捜査手法を考える』の運営
●えん罪救済センターの活動について、新聞各社からの取材・掲載
●学習会を2,3ヵ月に1回行い、計6回実施
●SNSでの情報発信
●自主ゼミを開講

一言メッセージ

えん罪救済センター(IPJ)は刑事事件のえん罪被害者を支援し救済すること、その事件の再検証を通じて公正・公平な司法の実現を目指しています。
その上で広報活動や書類整理などのボランティア活動を行っています。

ページトップへ