• CULTURE

  • メニューを開くメニューを閉じる

立命館大学Sustainable Week 実行委員会

  1. home
  2. CULTURE 団体紹介
  3. 立命館大学Sustainable Week 実行委員会

立命館大学Sustainable Week 実行委員会

活動内容

Sustainable Weekは地球規模の課題を、BKCと周辺地域を「小さな地球」と見立て課題を解決するべく、SDGsにおける17個のゴールの達成のために学生がオリジナルな視点で主体的に取り組むイベントである。そこでは、様々な分野で活動をする学生団体が、活動内容や専門性を活かし、これからの「持続可能な社会」を表現し、SDGsを自分事として実践する機会になっている。さらに、Sustainable Weekで顕在化した課題を解決すべく、様々な立場の方々と協働して新事業を展開している。これらの取り組みをもとに、大学を核とする増殖型SDGsエコシステムを確立し、次世代のSDGsリーダーを育成している。

活動場所

びわこ・くさつキャンパス

活動日

小教室を週7回

主な活動

2018/03/10 大学SDGs Action AWARDS(朝日新聞社主催) グランプリ獲得
2018/08/25,26 みんなの未来フェスティバル #thinkexpo2025 (2025日本万国博覧会誘致委員会主催)にてブース出展
2018/10/01 「SDGs ACTION!2 ~世界を変える新しい潮流~」(朝日新聞社SDGsプロジェクト)にて紹介される
2018/10/24 CAS-Net JAPAN「第4回 サステイナブルキャンパス賞」受賞

一言メッセージ

団体のビジョンである増殖型SDGsエコシステムの構築と、ミッションとして掲げているSDGsリーダーの育成の実現に向けて、次なるリーダーを発掘、育成し、共に持続可能な社会をつくりだしていく。

ページトップへ