言語・国際教育
Ian Hosack 教授

国際的な視点で世界の問題を考え、議論できる英語力を身につける
「英語で」学ぶ授業を通して英語のスキルを磨く

外国語教育、国際教育は、産業社会学部に限らず、立命館大学の全学部を通して必須の学びです。産業社会学部では、英語科目のほか、国際的な視点から国内外のグローバルイシューを学び、専門性を深める国際教育履修推奨科目や、高度な英語運用能力と学部の専門性の両方を高める英語副専攻など、さまざまなプログラムを用意しています。

大学の英語の授業は、皆さんの多くが高校で経験した授業とは大きく異なります。一番の違いは、「英語を」学ぶのではなく、「英語で」学ぶところでしょう。英語は、重要なトピックを学習するためのツールにすぎません。授業では、私たち教員が指導したり、解説したりする以上に、学生が発言したり、議論することを重視します。もちろん最初は、みんなの前で英語を話すことに気後れする学生もいます。しかし授業を重ねるにつれ、だれもが堂々と英語で意見を言い合えるようになります。そうした中で英語のスキルも磨かれていくのです。

こうした議論や発表といった実践を重んじる学びを可能にしているのが、小集団教育です。少人数で学び合う中で、学生たちは次第に親しくなり、心おきなく語り合える友達になれることも小集団教育のいいところ。英語の授業を通じて親友になったという学生の話もよく聞きます。

語学力以上に大切なのは、国際的な視点で世界の課題を考えること

英語の授業では、とりわけ「アカデミックな語学力」の習得に力を注いでいます。日常会話ができるというレベルにとどまらず、報告書をまとめる、説得力のあるプレゼンをする、議論をリードするといった英語のスキルを養います。

さらに語学のスキルを磨くこと以上に重視しているのは、現代社会の問題について考え、議論し、地球市民の一人として世界のために役立つ力を身につけることです。授業では、異文化コミュニケーションと関連のある社会のトピックス、あるいは人権問題といったグローバルに議論されている話題を取り上げます。たとえば副専攻科目の一つである“Issues of Democracy”では、民主主義における市民の権利と義務について学びます。重要なのは、取り上げられたテーマについて英語で議論したり、レポートを書いたりすることだけはありません。こうしたグローバルイシューが、世界ではどのようにとらえられているか、世界の人々のためにはどのように解決すべきなのかを学び、国際的な視点を持って解決策を考えていける力を培うことこそが大切なのです。そのため時には留学生に授業に参加してもらうなど、異文化に触れる機会もつくるようにしています。

「語学の習得」以上の役割を果たす外国語教育

産業社会学部をめざす皆さんの中には、教育に関心を持っている人も多いでしょう。近年、学校教育の現場では、市民社会でどう生きるべきかを考える“シティズンシップ教育”の重要性が語られるようになっています。日本の学校では多くの場合、シティズンシップ教育は社会科の授業で扱われます。けれどグローバル化が進む現代社会では、地域や国内に限らず、世界の中に自分を位置づけてシティズンシップを考える必要があります。こうした教育課題を外国語教育の中で取り上げることは、とても有効です。外国語教育の果たす役割は、「語学を習得する」という以上に大きなものなのです。

英語で議論する力、国際社会の問題に対する批判的視点を培ってほしい

皆さんにはもちろん英語で自分の考えを伝えることのできる高い語学力を身につけてほしい。ただし国際社会で求められるのは、ただ話す・聞くだけでなく、議論することのできる英語力です。英語で自分の意見を明確に述べ、相手と対等に渡り合えるようになってください。そして何より異文化社会や文化について見識を深め、社会問題に対する批判的な視点を培ってほしいと願っています。

母国語ではない第二の言語を上手に使いこなせるようになるには、失敗を恐れずに口に出す勇気が必要です。チャレンジする気持ちをもって、飛び込んできてください。

Ian Hosack 教授

Ian Hosack 教授
専門分野
外国語教育
研究テーマ
市民教育における外国語教育
担当科目(2013年度)
英語1・4 、Academic English IV・V、アカデミックライティング、アカデミックP&Dなど
詳しいプロフィール
立命館大学研究者データベース Ian Hosack
  • Prev
  • Index


産業社会学部のおすすめコンテンツ