プロジェクト紹介

本プロジェクトは、個別の学問・学者に拘泥されず、近世学問都市京都について総合的に考察する。

 具体的には、アジアの中の京都の学問的な地位に注目しながら、学塾の分布、ネットワーク、門人の移動と交流、江戸・大阪はもとより清国・朝鮮王朝との比較などを行い、京都教学の学問的特質を明らかにしていきたい。

 また、学問研究においては、典籍をめぐるネットワークは殊に欠かせない。輸入・移入の経路、書肆の分布、販売網、貸借網などを明らかにすることに重点的に努め、国際的な典籍ネットワークを明らかにし、それが、学問動向とどのような関連にあるのかを分析する。以上についての国際シンポジウムの開催も予定している。

プロジェクトリーダー:文学研究科・史学専攻/教授 桂島 宣弘

【写真】古義堂跡

お知らせ

・細部修正(2006.5.9)

『平安人物志』人名録安永4年版、漢字画像更新(2006.7.4)

『平安人物志』人名録天明2年版、漢字画像更新(2006.8.7)

『平安人物志』人名録明和5年版、漢字画像更新(2006.8.7)

・2006年7月11日7月25日例会報告要旨公開(2006.8.7)

史料アーカイブ公開 (2006.8.7)

・2006年9月15日例会報告要旨公開(2006.10.24)

〒603-8577 京都市北区等持院北町56−1 立命館大学アート・リサーチセンター
TEL 075(466)3410 FAX 075(466)3415
e-mail:mit03437@lt.ritsumei.ac.jp

Copyright (c) 2003-2006 Ritsumeikan University COE近世学問都市京都研究会 all rights reserved