朝日新聞社「国民と共に起たん」宣言
(1945年11月7日)
 宣言
 支那事変勃発以来大東亜戦争終結にいたるまで朝日新聞の果したる重要なる役割にかんがみ、我等ここに責任を国民の前に明らかにするとともに、新たなる機構と陣容とをもって、新日本建設に全力を傾倒せんことを期するものである。今回村山社長、上野取締役会長以下全重役および編集総長、同局長、論説両主幹が総辞職するに至ったのは、開戦より戦争中を通じ、幾多の制約があったとはいへ、真実の報道、厳正なる批判の重責を十分に果たし得ず、国民をして事態の進展に無知なるままに今日の窮境に至らしめた罪を天下に謝せんがためである。今後の朝日新聞は全従業員の総意を基調として運営さるべく、常に国民と共に立ち、その声を声とするであらう。いまや狂瀾怒涛の秋、日本民主主義の確立途上来るべき諸々の困難に対し、朝日新聞はあくまで国民の機関たることをここに宣言するものである。  朝日新聞社