Menu

フィールドの語りをとらえる質的心理学の研究法と教育法

計画概要

研究体制

研究会

読書会

研究成果

リンク



News

研究会メンバーの研究成果(2006年4月−2007年3月)の情報を追加しました(2007,3,30)。

「日本の質的心理学の歴史をつくる―「日誌研究会」と質的研究の方法論」の情報を追加しました(2006,11,27)。

「質的研究の学び方」の情報を追加しました(2006,11,27)。

「京都-ウィーン国際シンポジウム:文化と教育」の情報を追加しました(2006,10,17)。

多声のナラティヴと対話 −バフチンと心理学研究会の情報を追加しました(2006,9,25)。

オーラルヒストリーの会 第9回例会の情報を追加しました(2005,11,02)。

「オーストリアの学校の子ども社会:多文化学級のいじめと人種差別」の情報を追加しました(2005,10,20)。

質的研究講演会・第3回質的研究検討会の情報を追加しました(2005,10,15)。

日本心理学会WS「詩的表現のもつ語りの力-質的心理学の方法論(2)」の情報を追加しました(2005,7,22)。

日本心理学会WS「語りだされる子ども「問題」へのナラティブ・アプローチ」の情報を追加しました(2005,7,22)。

日本心理学会WS「研究について研究協力者と対話することの意味と問題」の情報を追加しました(2005,7,22)。

質的研究講演会・第2回質的研究検討会の情報を追加しました(2005,7,22)。

木下康仁氏講演会の情報を追加しました(2005,7,7)。

コメント付き文献紹介を公開しました(2005,6,21)。

自己紹介を追加しました(2005,6,20)。

文献リストを追加しました(2005,4,16)。

国際学会情報を追加しました(2005,4,16)。

質的研究検討会の情報を追加しました(2005,4,16)。

Philippe WALLON氏講演会の情報を追加しました(2005,4,15)。

日本発達心理学会第16回大会での企画 質的心理学の方法論(1)−「語る」身体の「語り」を掬う−の情報を追加しました(2005,3,26)。

「生涯発達心理学の現在」の講演会情報を追加しました(2004,12,9)。

オーラルヒストリー研究会との共催研究会情報を追加しました(2004,11,15)。

国際学会情報を追加しました(2004,10,14)。

「病の語り」研究会情報を追加しました(2004,10,14)。

研究会共催情報を追加しました(2004,10,4)。

バンバーグ教授研究会情報を追加しました(2004,9,27)。

ホームページを開設しました(2004,10,3)。

日本質的心理学会第1回大会が開催されました。
日本質的心理学会