授業支援について

主な支援内容例

授業支援(学部生・大学院生対象)
視覚障害
 
  • 教材のテキストデータ化・拡大
  • 点訳(語学・必修科目など一部)
  • 代筆、代読、音声ガイド
  • ガイドヘルプ(入学時など一部)
聴覚障害
 
  • ノート・PCテイク
  • 手話通訳(一部)
  • 磁気ループ機器の貸出
肢体不自由
 
  • 教室配置の調整
  • ポイントテイク、身体介助
  • 駐車スペースの確保
  • 多目的スペース(休憩室など)の確保
  • 教室移動介助(所属キャンパス内)
  • 授業間の排泄介助(所属キャンパス内)
共通(身体・発達・精神・その他障害を含む)
  • 履修・事務手続きの配慮
  • 語学・演習・実習科目における配慮
  • 授業担当教員への配慮事項の相談・伝達
  • 情報機器の利用支援
  • 定期試験配慮(別室・延長・点字受験など)
論文作成支援(大学院生対象)
視覚障害
  • 文献検索支援
    (音声読み上げソフトで判別が難しいWebページの場合)
肢体不自由
  • サポートスタッフが支援可能である軽作業
    (コピーやホチキス止めが困難な場合のレジュメ作成支援等)