ニュース

2018年度 生命科学部長表彰の若手教員奨励賞表彰式が行われました

この生命科学部長表彰は、顕著な研究業績をあげた39歳以下の若手教員を顕彰するために生命科学部学部長賞を授与し、併せて生命科学部全体の研究力向上に資するものとして設立されたものです。 2018年度は、応用化学科 羽毛田洋平先生(任期制講師)が受賞されました。           

    

□日時:2019326日(火)

□場所:リンクスクエア2階教授会室                 
    表彰式   13時30分~

            記念講演  表彰式終了後

                                                                 2018年羽毛田先生受賞1

【表彰された研究内容について】

 低コスト・高い成形加工性といった利点から、近年、π電子系を用いた有機エレクトロニクスへの注目が増しています。このような背景のもと、π電子系を秩序的に集合化させる方法の一つとして、イオン間にはたらく静電引力や斥力を基軸とし、他の弱い分子間相互作用を組み込んだ集合体の創製が近年大きな注目を集めています。羽毛田先生は、現在所属する超分子創製化学研究室(前田研)において、形状や電子状態を適切に調節した会合型および非会合型π電子系イオンを組み込んだイオンペアを形成し、それらの規則配列構造からなる電荷積層型・電荷種分離配置型集合体の構築を結晶・超分子ゲル・液晶中間相において明らかにしました。組み合わせの自由度を活かしたπ電子系イオンペアの設計を基盤とし、π電子系イオン間の相互作用に立脚した集合化挙動を明らかにしたことで、電子の高密度充填を可能とする有機エレクトロニクス材料を創製する指針を提示しました。


 羽毛田先生は、過去2年間で、国際論文12報、総説3報、国際著書における章分担4報、合計19報の業績を挙げています。さらに、国際学会における招待講演1件、国際学会報告13件および国内学会発表として38件の研究発表を行い、2017年の日本化学会第97春季年会では優秀講演賞(学術)を受賞しました。これらの成果が認められ、今回の受賞となりました。

2018年羽毛田先生受賞2

受賞おめでとうございます!!