ニュース

生命科学研究科より「立命館大学NEXT フェローシップ・プログラム生」3名選出されました!

「立命館大学NEXT フェローシップ・プログラム生」は、優秀で意欲の高い博士後期課程の大学院生を本学の研究拠点に受け入れ、先端的な研究を行う多様な分野の研究人財と協働しながら研究活動に従事することで、自らの専門性を深めながら幅広い視点を獲得することを目指すプログラムとして創設しました。本プログラムは2021年度から活動を開始しており、第1期生として、生命科学研究科より3名の院生が採用されました。選ばれました皆さんからのコメントをご紹介します。


上嶋 里菜さん(博士課程後期課程1回生 生体分子化学研究室/指導教員:武田 陽一教授)

この度は、2021年度立命館大学NEXTフェローシップ・プログラム生に採用していただき、心から感謝申し上げます。私は、細胞膜を構成する脂質の生合成機構を明らかにすることを目指して研究を行っています。新たな生命現象の解明に向け、今後もより一層研究に励みたいと思います。

藤田 大樹さん(博士課程後期課程1回生 応用分子微生物学研究室/指導教員:三原 久明教授)

栄えあるフェローシップの一期生として、採択拠点のグループリーダー・三原久明教授が実施する「環境中における微生物の生存戦略」の研究に参画することができ、大変光栄です。ご採択いただきました皆様のご期待に添えますよう、自己研鑽を怠らず常に前進し結果を残し続けるとともに、後進の学生達の良き手本となれるよう努めます。

吉田 悟さん(博士課程後期課程1回生 有機材料化学研究室/指導教員:花﨑 知則教授)

この度は、立命館大学NEXTフェローシップ・プログラム生にご採用いただき、大変光栄に思います。私は、円偏光発光性を示す有機材料を創成し、これを社会実装へと応用することを目的に研究を行っております。フェローシップ生として、様々な研究者や産業界の方々と協働しながら、研究業績を創出していきたいと思います。

2020 No3 NEXT フェローシップ・プログラム生

おめでとうございます!!

 

本プログラムの詳細については、下記URLを参照ください。
https://www.ritsumei.ac.jp/next-fs/