ニュース

第18回ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウムにて、杉浦さんが優秀ポスター賞を受賞!!

2021626日(土)・27日(日)にオンライン開催された「第18回ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム」において、博士課程後期課程2回生 杉浦 慎哉さん(超分子創製化学研究室 研究室所属教員:前田 大光教授、羽毛田 洋平講師)が、優秀ポスター賞を受賞しました。

この学会では「分子認識」と「超分子」を中心とする有機化学・無機化学・分析化学・高分子化学・生化学・生体関連化学・材料科学・超分子化学・バイオテクノロジー化学など、分子間相互作用が関わるすべての研究について発表および討論がされました。


杉浦 慎哉さん 発表タイトル
  『 ピロール架橋型キノン:互変異性とイオンペア集合体 』

《 受賞コメント 》
われわれの研究室では、ピロールを基盤とした新規π電子系分子の合成を行っています。今回、外部環境(溶媒や温度など)に応答して電子・光物性が大きく変化する分子を合成しました。また、種々の分光測定から外部環境の影響を解明し、物性の制御が可能であることを明らかにしました。さらに、合成した分子は塩基処理による物性の変調も可能であり、今後さらなる機能発現をめざす予定です。
今回、自身の研究成果を優秀ポスター賞という形で評価していただき、たいへん光栄に思います。受賞に際し、ご指導いただいた前田大光教授、羽毛田洋平講師、研究室のメンバーに心より感謝申し上げます。今回の受賞を糧によりいっそう研究に励みたいと思います。

2021 No2杉浦さん

受賞、おめでとうございます!!

詳細については、下記URLを参照ください。
http://www.chem.eng.osaka-u.ac.jp/mol3/shgsc2020/