今年の学園祭は、
10月15日(日)大阪いばらきキャンパスを皮切りに、
11月26日(日)びわこ・くさつキャンパス、
12月3日(日)衣笠キャンパスで開催されます。
各キャンパスの特徴を生かしたイベントや
企画情報などをどんどん発表していきます。

Beyond Borders

恐れるな、踏み出せ。

今年度の学園祭のテーマは「Beyond Borders」。
国籍・性別・年齢・学部など、さまざまな境界を超えることで、
多様性を身につけ、可能性を見出すことができます。
この学園祭に参画、参加する全ての人の可能性を広げるために
「恐れずに一歩、踏み出そう」という思いがこめられています。

10/15(SUN)

大阪いばらきキャンパス

コンセプト「スポーツ×交流」

OICでは、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックに向け、スポーツの楽しさを感じてもらえる祭典を行います。そして、OIC祭典が「Asia Week」の幕開けとなるので、異文化交流や地域の方々を含め来場してくださるみなさんと学生が一緒に楽しめるような来場者参加型のイベントを開催します。

11/26(SUN)

びわこ・くさつキャンパス

コンセプト「表現×LIVE」

BKCでは、音楽系団体をはじめ、さまざまな団体が日々の活動の成果を披露します。学生が持つ可能性を最大限発揮する、他キャンパスにはないスケールの大きな祭典を行います。

詳細は後日公開

12/3(SUN)

衣笠キャンパス

コンセプト「文化×学び」

日本の伝統芸能を学ぶ学芸団体が多いKICでは、1200年以上の歴史を持つ京都にふさわしい祭典を行います。そして、学術団体による研究成果や正課の取り組みなど、研究の場である大学での“学び”を発信します。

詳細は後日公開