立命館 特集

立命館スーパーYELL
ラグビー部

Sep 26, 2018

[立命館大学]ラグビー部 [立命館大学]ラグビー部

はじめに

「2018ムロオ関西大学ラグビーAリーグ」が開幕し、ラグビー部は9月30日(日)に近畿大学との初戦を迎えます。昨シーズンは、「第54回全国大学ラグビーフットボール選手権大会」進出を果たしたものの、初戦敗退という悔しい結果に終わりました。今シーズンは、「全国大学ラグビーフットボール選手権」ベスト8を目指して戦い抜きます。みんなでラグビー部を盛り上げましょう!

試合予定・結果

2018ムロオ関西大学ラグビーAリーグ

VS近畿大学

布引グリーンスタジアム

10月7日(日)
12:00~
立命館大学-近畿大学 38-19

VS大阪体育大学

鶴見緑地競技場

10月14日(日)
14:00~
大阪体育大学-立命館大学 12-71

VS関西大学

京都市宝が池公園運動施設球技場

10月28日(日)
14:00~
立命館大学-関西大学

VS同志社大学

ヤンマーフィールド長居

11月4日(日)
14:00~
立命館大学-同志社大学

VS京都産業大学

天理親里競技場

11月10日(土)
12:00~
京都産業大学-立命館大学

VS天理大学

キンチョウスタジアム

11月18日(日)
14:00~
天理大学-立命館大学

VS関西学院大学

西京極総合運動公園
陸上競技場兼球技場

11月24日(土)
12:00~
立命館大学-関西学院大学

選手紹介

古川 聖人
古川 聖人
  • 古川 聖人
  • 経済学部4回生
  • ポジション:FL(主将)
  • CLOSE UP
原口 智也
原口 智也
  • 原口 智也
  • 情報理工学部3回生
  • ポジション:CTB
  • CLOSE UP
金沢 一希
金沢 一希
  • 金沢 一希
  • 経済学部3回生
  • ポジション:PR
  • CLOSE UP

チームスタッフ

  • [チームスタッフ写真]トレーナー兼学生コーチ「矢野幸輝さん」
  • トレーナー兼学生コーチ
  • 矢野 幸輝さん 産業社会学部4回生
  • CLOSE UP
  • [チームスタッフ写真]学生コーチ兼アナライザー「坂本直哉さん」
  • 学生コーチ兼アナライザー
  • 坂本 直哉さん 理工学部4回生
  • CLOSE UP
応援写真

応援に行こう!

[写真]古川聖人選手

FL(主将)古川 聖人選手 経済学部4回生

今年のスローガンは、“SWITCH ON”。「オンとオフを切り替え、メリハリをつけたチームにしたい」とスローガンにこめた思いを語る古川さん。全員がしっかりと切り替えができるチームになるよう、約100人を率いるリーダーとして、特に意識しているという。
自身は低いタックルとボールへのからみが強みで、「体が大きくない自分でも、大きな選手を倒すタックルをぜひ見てほしい」と話す。「負けたくない」という気持ちが力強いタックルの原動力だ。常に広い視野をもち、プレーに生かすことを心がけているという。
「負けられない戦いが続きますが、まずは、初戦をしっかり勝ちたいです。自分たちのラグビーを見て、少しでも楽しんで、関心を持ってもらえたら嬉しいです」と関西リーグへの意気込みを語った。

[写真]原口智也選手

CTB原口 智也選手 情報理工学部3回生

「声でもプレーでもチームを元気づけられる選手になりたいです」と話すのは、DFと誰にも負けない運動量が強みだという原口さん。何度も何度も繰り出すタックルや仲間のサポート、アタックのラインをひくなど、プレーは多岐にわたる。
怪我の多いスポーツだが、監督や仲間の支えで続けてこられたと話す。「自分が頑張れば、みんなも頑張ってくれる」とチーム一丸となって戦うラグビーの魅力を語る。試合中は、「自分と同じポジションの人には負けない。1対1でアタックするときは負けない」と、自分を奮い立たせているという。何度も相手選手に向かっていく姿にぜひ注目してもらいたい。

[写真]金沢一希選手

PR金沢 一希選手 経済学部3回生

中学生の頃からラグビーを始めた金沢さんは、「いろいろなスポーツをしたけれど、負けず嫌いな性格は、力がぶつかり合うラグビーに一番合ってたんです」と話す。スクラムやモールなど、体格を生かした重みのあるプレーを強みとする金沢さん。「プレーでは、自分の役割を果たし、チームに貢献したい。少しでもチームの役に立てるよう、限界まで動きます」と、強い責任感を持つ。練習は厳しいが試合に出場できることが自身のモチベーションにつながっているという。「一生懸命頑張るだけなので、その姿を見て、応援してもらえたら嬉しいです」と笑顔で話す。

[写真]矢野幸輝さん

トレーナー兼学生コーチ矢野 幸輝さん 産業社会学部4回生

怪我をした選手のトレーニング管理やセカンドスコットの学生コーチの役割を担う矢野さん。怪我をした選手のトレーニング管理では、自身も選手として怪我をした経験から、選手の立場に立ちアドバイスをしている。「怪我をした選手のモチベーションを上げることは難しいが、不安も打ち明けられるような話しやすい存在になりたいです」と話す。練習後には、体調や怪我の調子を聞いたり、練習がうまくいっていなければ話を聞いたり、選手に声をかける。選手一人ひとりを理解しなければならないため、みんなと話をすることを意識し、取り組んでいるという。「目標である全日本ベスト8を成し遂げられるよう、チームをサポートしていきたいです」と語った。

[写真]坂本直哉さん

学生コーチ兼アナライザー坂本 直哉さん 理工学部4回生

セカンドスコットの学生コーチを務める傍ら、試合時には、アナライザーとして、撮影やプレーの分析を行っている坂本さん。「人数が多いスポーツゆえ、コミュニケーションが不可欠で、チームのために体を張って頑張る、自分のために頑張ってくれる、それがラグビーの魅力です」と話す。練習メニューを考える上では、タイムマネジメントを重視し、1つ1つ集中して考えながら取り組んでもらうことを意識している。そうすることで、選手たちに、モチベーションを高めていってもらうことが目的だ。コミュニケーションをとる上では、口調や伝え方で選手もナーバスになってしまうため、なるべく怒り口調にならないように気をつけているという。「チームを盛り上げ、自分ができることを精一杯やっていきたいです」と思いを語った。

[写真]兼子天祐仁さん

応援団団長兼子 天祐仁さん 経営学部4回生

ラグビーの魅力は?
ラグビーには、走る・投げる・蹴る・飛ぶ・ぶつかるといった多様な要素が含まれており、常に目が離せないスポーツです。私が最も魅力に感じるところは選手から伝わる気迫です。特にスクラムを組んでいる時の力のぶつかり合いは圧巻であり、こちらも手に汗握ってしまいます。
注目ポイントは?
ラグビーは全員一丸となってチームで戦うスポーツです。チーム全員でどのようにして得点を取りに行くのかを注目するのが面白いですが、私は選手一人ひとりの細かな動きにも目を向けると違った面白さが味わえると感じています。選手が敵陣の動きを観察し、一瞬の判断で敵陣の中を突き進んでいく時には鳥肌が立ちます。選手の役割はポジションによって異なるので、一選手に注目してみるのはいかがでしょうか。
[写真]宮永笑美理さん

応援団チアリーダー部宮永 笑美理さん 経済学部4回生

ラグビーの魅力は?
1チーム15人で、スポーツの中では最も人数が多い種目です。背番号でポジションが決まっていて、身体の大きい人から小さい人まで個人の持ち味を生かし、活躍できます。また、守備と攻撃がわかりやすく、試合にスピード感が感じられ、常に全員で守備と攻撃を行うので、選手一人ひとりが責任を持って役割を果たし、思いの詰まったボールがゴールへと繋げられるのがラグビーの魅力だと思います。
ラグビーのどんなところに注目すると面白い?
初めて試合を観戦した時は、選手をリフトアップすることに驚きました。コンタクトスポーツなのでぶつかった時の音や、激しいボールの争奪などに注目してみてください!ワンプレーで攻守が入れ替わることがあるので、試合観戦したら1秒も目を離すことができません。そして試合終了後には、敵味方関係なく健闘を称え合うところが、フェアプレーで素晴らしいので最後まで観戦してほしいです。