岡本行夫先生を偲んで

2020年4月24日、本学客員教授の岡本行夫先生が、新型コロナウイルスによる肺炎でご急逝されました。ご訃報を受けて、岡本先生にお世話になった本学関係者は、深い悲しみに包まれています。

岡本先生は、2005年度から講演会・ゼミナールを通じて、学生たちに対して国際社会で活躍するためには、自らのプラットフォーム(座標軸)をしっかり作り上げて、多様性を受け止め、それを理解して、一致点を見出すことが重要であると訴えてこられました。このような教えは、折に触れて言及された日中関係や、日韓関係の問題を議論する場においても示され、歴史をしっかり学び、相手の意見に真摯に耳を傾けて、自分たちの世代では解決出来なかった、両国との関係改善を実現して欲しいと、若者たちに熱く語り掛けてこられました。

また、徹底した「現場主義」を掲げて、語学力を磨くとともに、自らの五感で世界に触れることの重要性を訴えてこられました。そして、ご自身で奨学金を創設され、アフリカや中東、インド、中国、韓国、アメリカなどに受講生を派遣する「海外研修プログラム」にも取り組まれました。更に、東京でゼミナールを開催し、国内外の著名な講師陣による講演会と、受講生を先生のご自宅に招いての懇談会を実施され、学生の成長を何よりも第一に考えてくださいました。これら取り組みを通じて、受講生には自らの意思で能動的に活動できる「プロアクト型」人材となるように指導されてこられました。

岡本先生にご指導いただいた学生は、これまで400名余りに及び、彼らは、現在外務省をはじめとした中央省庁、地方自治体、NGO・NPOを含む国際開発・援助団体、国内外のグローバル企業、起業家など多方面で活躍しています。これら修了生にとって、岡本先生から受けたご薫陶は、未来を切り拓く道しるべとなっています。

岡本先生は、常日頃、国際社会で活躍することを夢見る受講生や、活躍する修了生を見て「学生が成長する姿を見るのが何よりも楽しい」と仰っておられたのが、強く印象に残っています。本学としては、これからも岡本先生のご遺志を受け継ぎ、本プログラムを継承・発展させていくことを、岡本先生にお誓い申し上げたいと思います。

末筆となりますが、これからも国際社会で活躍することを夢見る学生たちを、温かく見守って頂きますことをお願いして、岡本行夫先生への追悼の言葉とさせて頂きます。岡本先生、本当にありがとうございました。

立命館大学

NEWS

  • 2019.11.28活動報告・活動予定を更新しました。
  • 2020.3.26「募集・出願要項(2020年度)」を更新しました。

立命館大学では、モチベーションの高い優秀な学生を励まし、難関進路への挑戦をサポートするために「オナーズ・プログラム」を正課外で立ち上げ、国際社会でのキャリア形成を目指す学生に対して、岡本行夫客員教授、宮家邦彦客員教授を中心とした人材養成プログラムを2005年度から本格的に開講しています。

日本を代表して国際社会で活躍するためには、学力や知識、経験はもちろんのこと、幅広い教養や良識、倫理観、想像力、包容力などの能力が求められます。本プログラムでは、岡本行夫客員教授、宮家邦彦客員教授の指導の下、本学の諸機関とも連携して、これらの力量を総合的に高める取り組みを行い、本学の出身者であることに誇りと自覚を持って、国際社会で日本を代表して活躍する人材を育成することを目指したいと考えています。

スーパーバイザー

岡本行夫客員教授(外交評論家・岡本アソシエイツ代表)
宮家邦彦客員教授(国際情勢アナリスト・キヤノングローバル戦略研究所研究主幹)

プログラムコーディネーター

薬師寺公夫 法務研究科教授
山中司   生命科学部教授
德川信治  法学部教授

プログラムアドバイザー

成瀬毅  (本学客員教授)<2020年度より>
伊藤弘太郎(本学客員准教授・キヤノングローバル戦略研究所研究員)
志磨慶子 (元立命館常務理事)

全体運営

共通教育推進機構

このページの上部へ