HOME > ご挨拶

ご挨拶

ご挨拶

 立命館大学は、「自由と清新」を建学精神とし、「平和と民主主義」を教学理念としています。また、2006年には立命館憲章が制定されました。そのなかでは、「人類の未来を切り拓くために、学問研究の自由に基づき普遍的な価値の創造と人類的諸課題の解明に邁進する。その教育にあたっては、建学の精神と教学理念に基づき、『未来を信じ、未来に生きる』の精神をもって、確かな学力の上に、豊かな個性を花開かせ、正義と倫理をもった地球市民として活躍できる人間の育成に努める」と謳われています。

 立命館大学の教職課程においては、こうした精神のもと、<確かな学力と深い人間理解のもと、子供の未来を信じ、正義と倫理をもった地球市民として教育活動を行う個性豊かな教師>の養成をめざしています。このような教員になるためには、次の6つの力を身につけることが重要になってきます。 

①授業力(確かな学力のもと、深い授業観を持ち、授業を遂行する)
②児童生徒理解力(児童生徒を理解し児童生徒と適切に関わる)
③コミュニケーション力(学校における多様なコミュニケーションを行う)
④マネジメント力(学校における各種マネジメントを行う)
⑤教師としての自己形成力(教職に関する深い知識や倫理を身につける)
⑥学び続ける力(学校教育をめぐる問題を解決するために学び続ける)

 教職課程の履修を通して、6つの力の獲得をめざしますが、それだけでは「教員になる」ことはできません。「教員採用選考試験」に合格する必要があります。本学の「教職支援センター」では、現場での教員経験のある講師が皆さんの進路実現のための支援をします。「講座」や「面接指導」といった試験対策だけではなく、進路相談などの個別対応や、学生同士の自主的なゼミ活動の支援も行っています。本学では、正課の教職課程と課外の教職支援センターの連携によって、「教員になる」サポートをしています。また、本学には、教職研究科(教職大学院)が設置されており、教職研究科への進学により、教員としてより高度な専門的力量を身につけることもできます。

 本学の教職課程では、教職課程における学びと各学部での学びとが結びつくことで、上記の6つの力を深く豊かに身につけた教員の養成をめざしていきたいと考えています。

教職教育総合センター
教職支援センター
センター長 四方 利明
(経済学部 教授)

ご挨拶