HOME > 教職支援センター > 教職支援センターの活動概要

教職支援センター

教職支援センターの活動概要

教職支援センターの活動を紹介します

 立命館大学の『教職支援センター』は、1993年に全国に先駆けて創設されました。以来、教職を志望する学生や既卒者で教職を志望する人たちの希望実現のために様々な支援を行ってきました。
 今日、かつてに比べて教員採用の競争倍率は低下し、全国的にやや広き門となっていますが、教員としての資質や能力、実践的指導力や即戦力を有した「人物」が一層重視されており、合格のハードルが高くなっています。しかし、本学の先輩たちは、毎年教職支援センターの各種の取組み・行事に積極的に参加し、教員としての力量を身につけることで、見事に教員採用試験の合格を果たしてきました。その合格実績は全国の大学の中でもトップクラスです。 教職を考えている人はぜひ、衣笠・BKC・OICに設置されている『教職支援センター』を積極的に活用し、先輩たちに続いてください!
 『教職支援センター』の活動には大きく6点あります。

1.教員採用試験対策講座の実施

 教員採用試験に対応して、一般教養、教職教養、各種面接等の講座及び演習を、受験前年度夏から当該年度の4月頃まで、50~60講座実施しています。講座時間は原則として週2回午後6時~7時30分です。
 また受験前年度の2月中旬には、3キャンパスの教職支援センター合同の合宿講座を実施しています。

2.教職及び教員採用試験に関する各種のガイダンスの実施

 教職や教員採用試験等に関する1・2回生対象のガイダンスや、教員採用試験とその準備などに関する3回生対象の教員採用試験対策ガイダンス、また、教員採用試験受験予定者を対象とした願書記入説明会、教員採用試験直前ガイダンスなどを実施しています。各種ガイダンスでは、先輩の体験談を聞く機会も設けています。

3.各都道府県・市教育委員会担当者による学内説明会の開催

 各都道府県・市の教育委員会の採用試験担当者を招いて、教職や教員採用試験について直接話を聞く機会を設けています。時期は募集要項が発表される4月~5月です。

4.教員採用試験に対応した学内模擬試験の実施

 勉強成果の確認と次へのステップのために、全国の教員採用試験に準拠した学内模擬試験を12月、3月、4月の年3回実施しています。

5.教職や教員採用試験など各種の相談・対応

 年間を通して、教職や教員採用試験などの相談・質問に対応しています。土日祝、大学が定める休みを除いて原則、毎日開室しています。
 また、既卒者も来室相談できるように、4月から秋まで、原則隔週の土曜日午後1時~5時も開室しています。詳細は、「お知らせ」に毎月アップしている月々の行事予定でご確認ください。

6.教員採用試験に向けた面接・模擬授業などの指導

 対策講座とは別に、教職支援センター主催で面接・模擬授業等の指導・支援を行います。 特に採用試験の直前となる3月以降8月まで継続的に実施します 。

 なお、教職支援センターは教職や採用試験に関する各種の資料・図書がそろっており、情報の宝庫ですから情報などの入手ができます。また学習室としても活用することができます。