HOME > 教職課程について > 小学校教諭免許状取得プログラム

教職課程について

小学校教諭免許状取得プログラム

小学校教諭免許状取得プログラムの概要

 2013年度より、京都市にある佛教大学通信教育課程と連携した「小学校教諭免許状取得プログラム(佛教大学協定方式)」を開設しています(選考・許可制)。
 このプログラムにより、産業社会学部子ども社会専攻以外の学生でも、所属する学部が中学校教諭一種免許状の課程を有し、かつ同免許状を取得できる場合、小学校教諭一種免許状を取得することが可能です。
 応募要件・プログラム内容等詳細は、毎年11月頃に実施する募集ガイダンスで説明します。

【参考:2020年度から履修を開始した受講生の募集内容<一部抜粋>】
・募集対象は、中学校教諭一種免許状の課程を有する学部・学科の1回生です。
・定員50名の募集で、選考を実施します。応募者数が募集人数に達しない場合でも、選考基準を満たさない場合は不許可となります。
・立命館大学の学費とは別に、受講料やテキスト代など(約50万円)が必要です。
・プログラムは学部2回生から開始し、3年間で修了することを想定していますが、各自の履修状況によっては、卒業時に小学校一種免許状を取得できない場合もあります。