立命館小学校

立命館小学校4つの柱

2

真の国際人を育てる教育

国、言葉、人種、民族性、宗教。様々な違いであふれる世界。
子どもたちは多様な文化や価値観を持つ人々との関わり合いの中で、学び、成長し、羽ばたいていきます。
本校では、世界のあらゆる人々と関わり合える豊かなコミュニケーション力を持った「真の国際人」を育てます。

真の国際人とは

英語を流ちょうに話せること。もちろんそれも国際人として必要な要素です。しかし、本校が考える「真の国際人」は、そのようなスキルとしての国際力だけを指しません。自分と異なる他者がいることを受け止め、理解しようとし、世界という大きなフィールドの中で手を取り合いながら、自ら行動できる。そのようなマインドとアクションを兼ね備えた人こそ「真の国際人」として世界で活躍できると考えています。

Globally-minded

11年生からの英語教育

朝のモジュールタイムでの英語発声をはじめ、1年生から週2時間オールイングリッシュで英語授業を実施しています。ネイティブ教員と日本人教員の完全2名体制で行うことで、無理なく自然な英語が身につきます。3年生からは週3時間、5年生からは文法も取り入れ、成長に合わせてスキルアップしていきます。

2プレゼンテーションコンテスト/英語表現活動

6年生の3学期には、これまで培ってきた英語力を存分に発揮する機会として、プレゼンテーションコンテストを実施しています。自分の伝えたい思いを、英語を使って力強く発表する子どもたち。本校における英語教育のゴールは、このように英語をツールとして活かし、自らの考えを表現することです。

動画はこちら

3ワールドウィーク

毎年夏に立命館アジア太平洋大学(APU)の学生を「先生」としてお招きし、各国の文化や価値観に触れるワールドウィークを開催。異なる文化や価値観を学ぶ特別授業が行われます。1週間にわたって世界について知り、体験することで、子どもたちは多様な人との関わり方を学びます。

動画はこちら

4海外研修プログラム

本校では世界6か国の学校と提携し、最大2ヶ月間の海外研修プログラムを設置しています。チャレンジ精神を育む「チャレンジ型」、現地児童と交流する「交流型」、自立した生活力や英語力を磨く「アドバンス型」の3つのプログラムを用意。子どもの成長や研修先での目的に合わせて選択可能です。

詳細はこちら
実際の授業の様子はこちら