立命館小学校

第13回 立命館小学校 公開授業研究会

今年度は、《発見と創造 ~「個からつながりへ」を意識した授業~》を研究する3年次となります。
時代の求める教授法は、知識を詰め込み、単純作業に熟練し、指示に従う、といった産業革命以降の画一的なものから、機械にはできない、問題を発見し、複雑な問題を分解し、解法を設計し、対立を調整する「学びの機会」の提供へとシフトしています。
そんな今だからこそ、本校が開校当初から大切にしてきた2つの思考、すなわち子ども達の学習経験に新たな知識や物の見方が加わり、より経験が豊かになるときに生まれる「発見的思考」と、知識を統合したり構築したりして新たな意味づけが見出される「創造的思考」を、授業の中でより一層高めていきたいと考えます。そのためには、より一層「個」の考えをしっかりともたせ、より一層個と個の考えを「つなげて」いく授業を求めていく必要があります。

本校では、3年次の重点課題を以下のように設定しました。


個と個がつながり合う場を作り、問いを生み出してその問いを解決していく過程を通して、発見的思考・創造的思考を育んでいく姿を目指してきました。

また、授業観を転換するということは、私たちの児童の見取りも変えていく必要があります。従来のペーパーテストの結果だけではなく、児童の変容をどのように見取るか。「話す」「書く」ことを中心に、それらの手段をもとにした自己の変容に気づかせるリフレクション(熟考・内省)のあり方や、パフォーマンス評価のあり方が問われます。
今年度の公開授業研究会を開催する中で、公開授業や分科会においてこれらの研究を提案させていただきます。そして、参加される皆様からも様々なご意見をいただき、未来を生きる子どもたちに私たちができることを共に考えていければと思っております。どうぞご参加ください。
開催日時
2020年2月1日(土)8:30~15:30(予定)
テーマ 発見と創造 ~「個からつながりへ」を意識した授業~
対象
学校教育関係者
スケジュール
当日の時程および時間割・単元は後日ご案内いたします
教育講演
出口治明 先生(立命館アジア太平洋大学 学長)
 テーマ:「おいしい人生」を生きるための授業とは
お申込み 10月ごろ受付開始予定
開催場所
立命館小学校
〒603-8141 京都市北区小山西上総町22番地
京都市営地下鉄烏丸線「北大路」駅より徒歩3分
http://www.ritsumei.ac.jp/primary/accessmap/
後援
京都市教育委員会(申請中)
お問い合わせ先 立命館小学校 TEL:075-496-7777  FAX:075-496-7770
  • facebook
  • twitter
  • line