立命館小学校

校長あいさつ

立命館小学校 校長 成山 治彦

立命館小学校・中学校・高等学校は、12年一貫教育を推進するために私が3校の校長を兼務しています。
立命館小学校は2016年4月に開校11年目という新たなステージを迎え、これまでの実績を活かして新たな飛躍へ向けて、より発展的な小中高の一体的運営を行ってまいります。
現在、立命館高等学校は文部科学省からSuper Science High SchoolとSuper Global High School の2つの研究指定校に選定されています。
全国的にも数少ない偉業です。大学もSuper Global Universityに指定されています。
本学園に対するグローバル化の中での期待の高さと責任の重さに気持ちを引き締めております。

これからの社会では、知識を詰め込むだけでは役に立ちません。獲得した知識を活用し、自ら課題を発見して深く考える力が必要です。
そして、自分の言葉で考えをまとめ、英語を駆使して議論し合い、協働して社会に貢献するといった高い志やコミュニケーション力・実行力が求められます。大学の学びのあり方や入試制度も大きく変わろうとしています。私たちは将来を見据えた学びを追究していきます。立命館小学校では、50年、100年を見据えて、21世紀の学びの基礎として『4つの柱』を軸として学習していきます。
そして、「4-4-4制の21世紀型小中高一貫教育モデル」の利点を最大限に活かして、グローバルリーダーを育てます。

立命館小学校・中学校・高等学校 校長
成山治彦