利用方法について

はじめての利用の方へ

  • ライティング・サポート室は、本学学部生のレポート等作成をサポートする学習相談窓口です。
  • 相談できるのは、学部生かつ日本語のレポート等になります。
  • 授業のレポートを中心に、文献の読み方、参考資料の探し方、テーマの検討など学習に関わる相談が行えます。
  • 専門スタッフやチューターTA(大学院生)がみなさんと対話をしながら成長をサポートします。
  • 相談の形式は、ライティング・サポート室へ来室(衣笠キャンパス学而館)かオンライン(Zoom)より選択できます。
  • グループ課題が課されている場合は複数名で相談が可能です。

相談できる内容と方法

相談可能なレポート等は以下の通りです。

  1. 授業内で課されたレポート(例:授業のミニレポートや中間レポート、最終レポート)
  2. ゼミや基礎演習での発表資料やレジュメ(例:ゼミや基礎演習で発表する際のレジュメやPPT資料)
  3. ゼミ論文、卒業論文(例:ゼミで課される研究論文、卒業論文)
  4. その他(例:大学院の研究計画書、インターンの志望理由書等)

※相談言語は日本語に限ります。

※英語での相談は国際関係学部のライティング・チュートリアル、BKCにおいてはSAPPなど目的に応じたサポートをご利用ください。

相談は原則、予約制です。相談予約のページから予約の上、ご利用ください。空きがある場合のみ、飛び入り相談は可能ですが、予約を優先します。
予約は、「相談の予約について」のページを確認してください。

相談形式(対話による個別相談)

みなさんが執筆したレポート等にもとづき、専門スタッフもしくはチューターTAと対話を行いながら、個別支援を行います。形式は、来室による対面相談とZoomを用いたオンライン相談があります。

こんな相談できますか?など、
お気軽に問い合わせください。