はじめに (Introduction)

研究分野 (Focus Areas)

通常では見えないものを可視化すると,新しい事実が発見されて現象の理解が深まります.美しい画像を表示すると,人は見とれて時間を忘れることもあります.「百聞は一見にしかず」と言うように,画像情報の有用性は改めて強調するまでもありません.センサやディスプレイには,人とコンピュータとの間のインターフェイスという側面もあり,安全で快適な社会の発展に貢献しています。基礎となるのは、電子・光デバイスの技術と応用光学の理論です。これらは広範囲の放射線計測や次世代の太陽光発電へも応用されます.最近の研究テーマは"Luminous Refective Display"です.発光材料を用いて外光を表示に利用すると,明るくて色鮮やかな画像を表示できます.太陽光の下でも画質が劣化しません.消費電力が低いだけでなく,表示面に入射する光から発電もできます.当研究室ではこのような分野にスポットを当て,要素技術から応用システムまで幅広い研究に取り組んでいます.

Visualizing the invisible leads to discoveries and propels our understandings on nature. A beautiful picture takes our breath away. There is no need to reiterate the importance of electronic systems that handle images. Image sensors and displays are essential parts for human interfaces, contributing to the evolution of our social life of information. These devices are based on electronic and photonic materials, which also provide solid foundations for radiation detection, energy harvesting, and other important systems. This laboratory focuses on such materials, devices and systems. Our recent interests include a Luminous Reflective Display: by utilizing ambient light with luminescent materials, bright, vivid images are displayed. For the latest news on our research activities, please visit us at: http://www.ritsumei.ac.jp/se/re/fujiedalab/index.html

Topics & News