はじめに (Introduction)

研究分野 (Focus Areas)

通常では見えないものを可視化すると,新しい事実が発見されて現象の理解が深まります.美しい画像を表示すると,人は見とれて時間を忘れることもあります.「百聞は一見にしかず」と言うように,画像情報の有用性は改めて強調するまでもありません.センサやディスプレイには,人とコンピュータとの間のインターフェイスという側面もあり,安全で快適な社会の発展に貢献しています。基礎となるのは、電子・光デバイスの技術と応用光学の理論です.これらは広範囲の放射線計測や次世代の太陽光発電へも応用されます.最近の研究テーマは「微弱光の位置検出」です.例えば,蛍光材料を含む導光体の一部の領域に高感度の光検出器を配置すると,導光体内での光量分割の原理に基づいて放射線の入射点を検出できます.光検出器を太陽電池で代替すると,太陽光や周囲の光から発電できます.当研究室ではこのような分野にスポットを当て,要素技術から応用システムまで幅広い研究に取り組んでいます.

Visualing the invisible leads to discoveries and propell our understandings on nature. A beautiful picture takes our breath away. There is no need to reiterate the importance of electronic systems that handle images. Image sensors and displays are essential parts for human interfaces, contributing to the evolution of our social life of information. These devices are based on electronic and photonic materials, which also provide solid foundations for radiation detection, energy harvesting, and other important systems. This laboratory focuses on such materials, devices and systems. Our recent interests include an energy-harvesting display and a large-area position-sensitive detector based on luminescent waveguides.

Topics & News