Creating a Future Beyond Borders

scroll

TOPICS OF BEYOND BORDERS

ロボット技術で生産性向上へ。常識に囚われないアルゴリズムALGoZaはいかに生まれたか

EDITOR'S
EYE

教育・研究から得られる知の数々と、私たちや社会との関わりを読解くメディア【shiRUto】ロボット導入の可能性を大きく広げた制御アルゴリズムALGoZaの強みと開発背景を探ります。

TOPICS 01

【shiRUto】ロボット技術で生産性向上へ。常識に囚われないアルゴリズムALGoZaはいかに生ま…

慢性的な人手不足を背景に、ロボット技術が重要性を増している。日本は産業用ロボットの国内稼働台数が世界トップであると同時に、全世界出荷台数でもトップシェアを確保し続けている(2017年で約60%)。産業用ロボットが今後も有望分野なことはまちがいない。

もちろん課題はある。その一つが導入ハードルの高さだ。自動車や電子機器を筆頭に製造業ではロボット導入が進む一方、外食や物流の業界ではまだまだ進みは遅い。人手不足の本格化を控え、導入ニーズは高まっている。

そんな中、従来とはまったく異なるロボット制御アルゴリズムを発明したことで、ロボット導入の可能性を大きく広げ、各業界の生産性を上げようとしているのが、株式会社チトセロボティクス(東京都台東区)だ。同社代表の西田亮介氏(立命館大学理工学部 ロボティクス学科卒業)に話をうかがった。

TOPICS 01へ

ページトップへ