Challenge your mind    Change our future

scroll

TOPICS

自分らしいキャリアを歩むためにはまず、「異質と出会う」こと

EDITOR'S
EYE

新時代の価値を生み出す人とは?

TOPICS 01

自分らしいキャリアを歩むためにはまず、「異質と出会う」こと

2007年生まれの2人に1人が100歳を超えて生きるといわれる、人生100年時代。人生が長くなる分、働く期間も必然的に長くなる。多くの人が、社会におけるひとりの「人材」として、50年近く仕事をする計算になる。
労働期間の長期化に加え、社会の変化も激しさを増している。リモートワークや副業など働き方は多様化しており、就職という進路が全てではなくなった。起業やフリーランスという選択肢も珍しくない。
長きにわたって、そして変化に富んだ環境の中で、自分はもちろん社会も幸福にできる「良いキャリア」は、存在するのだろうか。
良いキャリアを定義する上での一律の物差しは、もはや存在しないのかもしれない。一人ひとりが自分らしく、自分にとっての正解を生きる時代になっているとも想像できる。そんな仮説を持って、「モチベーション」や「リーダーシップ」、「キャリア」といった人材研究の第一人者である、立命館大学食マネジメント学部の金井壽宏教授を訪ねた。

TOPICS 01へ

ページトップへ