TOPICS OF BEYOND BORDERS

B群ポスターセッション

EDITOR'S
EYE

「国際交流や異文化交流に必要なのは語学力?それとも…」国内学生と留学生が授業を通じて気づいたこととは?

TOPICS 01

異文化交流体験から学ぶ「異文化交流科目区分」(教養科目B群)

 国際教養、異文化交流、海外留学の3つの科目区分からなる新しくなったB群。ここでは異文化交流科目区分のクラスのひとつ「Cross-cultural Encounters (STAGE 1)※」(堀江未来准教授→以下、堀江先生)にスポットをあて、先生、学生の声を交えながら、その特徴などについて紹介します。
 多様な文化的背景を持つ学生が交じり合って学び合うことで、多様性理解の基礎的な知識を身に付けると共に、異文化間コミュニケーションの楽しさを発見し、今後の学習につなげていくことを目標とする多文化共修科目の「Cross-cultural Encounters」。考え方や習慣の違いなど文化的多様性を理解することはもちろんのこと、日英両言語を駆使したグループディスカッションを通じ、多文化・多言語環境での発言の仕方や意見の聞き方、話の進め方について学びを深めます。
 授業自体は、1980年代にアメリカで開発されたIntercultural Communication Workshop(Kolbの経験学習理論やAllportの社会接触仮説などに基づいて開発された多文化間共修方式の一つ)をベースに設計されており、多文化で構成される小グループにおいて文化比較に関するディスカッションを行う一方、そのプロセスで何が起こったかを観察・分析し、次の行動変化につなげることが柱となっています。堀江先生が受け持つ衣笠キャンパスのクラス(前期)には1・2回生を中心に4回生まで国内学生25人、アメリカやスペインなどからの正規・短期を含め留学生12人の37人が学んでいます。

※STAGE 1:英語・日本語とも、語学要件の設定なし。ステージ4まであり、徐々に語学レベルが高く設定されている。

TOPICS 01へ

ページトップへ