大学発ベンチャー

学生や教員の起業を積極的にサポート

立命館大学では、起業家精神溢れるキャンパス作りを目指して、学生や教員の起業を積極的にサポートしています。また、学内に設置されているBKCインキュベータと連携し、本学の研究成果を活かした新事業の創出・育成にも広く取り組んでいます。

関連サイト
パンフレットPDF
お問い合わせ

立命館大学 BKCインキュベータIM室
(独立行政法人中小企業基盤整備機構/ 立命館大学 BKCリサーチオフィス)
TEL:077-566-8333
FAX:077-566-8361

企業紹介

株式会社三次元メディア
代表取締役社長 徐 剛

設立:平成12年12月
三次元画像処理ソフトウェアおよび三次元ビジョンセンサの開発・販売

当社は設立以来、高精度3次元画像計測を研究開発してきました。3年前から3次元画像認識の研究開発にも着手し、両者を融合した形でロボットビジョンという新しい分野に進出し、設立10年で世界最先端に立つことができました。産業ロボットのための当社開発の世界初本格的3次元ロボットビジョンセンサーにより、目を持たない従来の産業ロボットが目を持つことが出来、バラ積みピッキング・製品組立が容易となり、生産現場の革新へつなげることができます。

技術活用例
技術活用例
設立経緯

2000年12月、私がこれまで立命館大学等で研究開発を進めてきた技術を用い、世の中に貢献しようという志をもって、起業をしました。本学が大学発ベンチャーの創出を目的に、学内の制度や支援体制の整備を進める中で、初の本格的な大学発ベンチャー企業の設立ということで、右も左もわからない状況での起業でしたが、大学を中心に周りの人のサポートもあって起業をすることができました

経営理念
  • 3次元ビジョン技術の革新と普及を通じて、産業の発展に貢献します
  • 従業員の幸福を実現します
  • 善い人と良い技術でよい会社を作ります
今後の方針

我が国の国際競争力を高め、少子高齢化の中でものづくりを国内に残すことに貢献していきたいと思います。
当社のミッションは、3次元ビジョンの技術・ノウハウ・ソフトウェア・ハードウェアを、パートナー企業とユーザ企業に提供し、その成功を支えることです。それらを通じてロボットビジョン市場の拡大を積極的に推進し、その中でもお客様からの信頼と技術力でNo.1であり続け、3~4年後に株式上場したいと考えています。そのために、1、研究開発を不断に行い続けること、2、ユーザの立場に立ったソリューション提供を行って参ります。

ページトップへ